【SEは儲かる】平均年収や1000万円を目指す方法を紹介します!

 

こんにちは!大手の東証一部上場企業で理系の採用担当をしているジニ男と申します!

ジニ男

 

システムエンジニア(SE)はぶっちゃけ儲かるの?と疑問に思っていませんか。

ネット上では比較的SEは稼げるとか、稼げるけど激務だとか、様々な情報があふれています。

この記事では「SEは正直儲かるの?」という疑問に切り込んでみたいと思います

 

結論から言うと「SEは平均より儲かる」

 

私の結論を最初に述べると、SEは「まあまあ」稼げます。

まあまあというのは、医者などいわゆる高年収職業には及ばないけど、平均よりは高い収入を得ている人が多いということです。

SEは、開業医のように年収2000万円は正直厳しいですが、それでも年収1000万円は十分狙える職業です

 

SEの平均年収は全体平均と比べやや高め

 

平均年収.jpさんのデータを参考にさせていただくと、SEの平均年収は「550万円」です。

全体平均は432万円ですので、平均値だけ見るとプラス100万円ほど高いことになります。

参考:平均年収.jp(https://heikinnenshu.jp)

 

ITやネットワークといった世界はこれからどんどん発展していく業界ですので、SEの仕事は将来性も高いと思います。

SEの仕事が「儲かる or 儲からない」のどちらかと考えると、SEの仕事は儲かると言えるでしょう。

やり方によっては年収1000万円を十分に目指せる職業です。

 

SEで年収1000万円を目指す方法

 

SEで年収1000万円を目指すのであれば、以下のようなことが必要です。

ジニ男

 

SEで年収1000万円になる方法

  • 大手企業で出世する
  • 高年収の企業に転職する
  • フリーランスとして稼ぐ

 

大手企業で出世する

大手企業で出世して管理者になると年収1000万円は超えていきます。

日本の企業で大手というと、例えばNTTデータや野村総研など(その他企業は多岐にわたりますが、ここでは省略…)です。

そのため、大手企業に就職して出世することで、SEとして儲けることが可能です。

昔ながらの日本らしい、いわゆる王道のルートですね。

 

高年収の企業に転職する

今の企業で出世しても高年収が狙えないのであれば、もっと給料がいい企業に転職しましょう。

給料がいい企業としては、大手企業もしくは外資系企業などが挙げられます。

日本では転職に一定のハードルがありますが、海外では転職しながらキャリアアップしていくことが当たり前の国もあります。

 

SEで高年収の仕事を探すのであれば「転職エージェント」を活用する方法をおすすめします。

自分で調べるより、専門家に話を聞くことで効率的に情報収集できます。

今すぐ転職する気はなくても、同じ業界の他社や、他の職業の情報を得られる情報にしておくことで選択肢を広げることが可能です。

 

以下は私がおすすめする転職エージェントです。

リンク先より登録できますのでご確認ください。

 

【エンジニア向け転職エージェント】

【一般向けおすすめ転職エージェント】

 

フリーランスとして稼ぐ

SEの経験を活かし、フリーランスエンジニアとして稼ぐことも可能です。

収入を最大化するためには、このフリーランスとして活躍することが必要となります。

ただ、フリーランスの世界は厳しいです。

給料は保証されていませんので、自分で仕事を得る営業能力なども必要となってきます。

そのため、意気揚々とフリーランスになったけれどうまくいかず、結局会社勤めに戻る人もいます。

 

SEに求められる資質は3つ!

 

SEに求められる資質は大きく3つです。

それは「IT関係の専門知識」「コミュニケーション能力」「体力的・精神的タフさ」です。

 

IT業界は発展目まぐるしい業界です。

そのため、技術がどんどん進歩していき、勉強しない人はあっという間に置いていかれます。

また、知識はあってもコミュニケーション能力が無く、打たれ弱かったらSEとしてやっていけません。

SEにはコンサル的要素があり、クライアントや社内のコミュニケーションを円滑に行う必要があります。

要望がはっきりしないクライアント、プロジェクトの遅れに対し怒鳴りつけてくる上司、納期間際の深夜までの残業など、体力的・精神的タフさも重要となってきます。

 

SEがきついと言われやすい理由については以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

【SEはきつい】その理由やきつくない職種はあるのか紹介します

 

転職でキャリアを積み、その後フリーランスへ

 

転職でキャリアを積み、その後フリーランスになる道が最も高収入を狙える道です!

ジニ男

 

どこまでの高収入を目指すかにもよりますが、会社員として働く限り、突き抜けた高収入を得ることはできません。

一方、年収1000万円であれば、高収入のSE企業への転職により達成することが可能となります。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「企業の年収実態」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!