昇格しても給料が上がらない会社は辞めた方がいい?

 

エン太

ジニ男さん、せっかく頑張って昇格したんですが給料が上がりません! というかむしろ下がりました!
昇格しても給料が上がらないとモチベーションが下がっちゃうよね。そんな時は転職を考えた方がいいと思います。

ジニ男

 

昇格で給料が上がらない会社は辞めた方がいい可能性大

 

昇格は一般的に考えれば非常に喜ばしいことです。

しかし、「昇格=昇給」ではありません。

昇格して等級が上がっても、昇給しないことはあります。

また、会社の給料システムによりますが、残業代がつかなくなり年収が下がることもあるでしょう。

ただ一般的に考えれば「昇格したら給料も上がる」というのが普通です。

そのため、昇格しても給料が上がらない会社に勤めている人は、転職により状況が一気に改善される可能性が高いでしょう。

 

実は不明瞭な点だらけの昇給制度

 

皆さんは自分の会社の給料システムを明確に把握していますか?

実は、給料が上がる仕組みは不明瞭な点だらけです。

しっかり認識してほしいのは「給料制度は会社の人事部が作成している」ということです。

そのため、昇給制度も会社にとって都合がいいように作られています。

少し考えれば当たり前ですよね。

会社にとって人件費は非常に大きなコストですので、下げれば下げるほど会社としての利益が上がりますから。

 

そのため、会社としてどのような社員にコストをかけたいか、ということを考えてみましょう。

会社としてお金をかけたい人は「会社にとって都合の良い人」であり、それを決めているのが「人事評価制度」です。

仕事ができるできないということより、上司に言われたことを素直に実施するか、部下からマイナスの評判がないか、といった点で評価されます。

例えば、飲み会における上司への振る舞いなど、接待スキルも評価の1つに含まれます。

そんなのは仕事の本質ではないですよね。

ただ、そのような昇給制度には不明瞭な点が過分に含まれている、というのが真実です。

 

昇格のメリット・デメリット

 

昇格はメリットばかりではありません。デメリットも理解しておきましょう。

ジニ男

 

昇格のメリット・デメリット

項目 内容
メリット

・優越感が得られる

デメリット

・仕事量が増える

・責任が増える

 

メリット 優越感が得られる

昇格するというのは、会社や上司から一定の評価を得られたということになります。

会社に入って年次が上がってくると、同期の中でも出世する人・しない人に徐々に分かれてきます。

同じタイミングで入社したのに、周りより早く昇格できれば優越感が得られます。

人によっては出世することを目標に働いている人もいますので、そのような人にとっては非常に大きなことですね。

ただ、優越感というのは実態の伴わないものであり、その会社を辞めると消えてしまうものです。

 

デメリット1 仕事量が増える

昇格すると、実仕事は部下に任せる部分が増えていくと思いますが、マネジメントという仕事が増えていきます。

優秀な部下ばかりなら仕事量は減りますが、そんなことはなかなか無いでしょう。

自分がやった方が早い仕事を部下に任せるのは、辛抱強くマネジメントしていく必要があります。

また、社長にならない限りは上司は存在しますので、ずっと板挟みのままです。

その間、身体にかかり続けるストレスは計り知れないものです。

 

デメリット2 責任が増える

昇格すると、重たい仕事を任されるようになります。

それを「やりがい」と思える場合は問題ないですが、ストレスに感じる場合は要注意です。

昇格していくほど失敗することができず、分からないことがあっても周りには聞きにくくなります。

自分で解決しなければと思うあまり、仕事に打ち込みすぎてほとんどの時間を会社で過ごしている…なんてこともあり得ます。

そのうち気づけば、業務上の過失が発生すると責任を取るような立場になっているかもしれません。

 

もし仕事がつらいと感じる人は、もう少し楽な仕事を探してみてもいいかもしれません。

以下の記事も参考にご覧いただければと思います。

 

理系で楽な仕事はある?探し方やメリットを紹介します

 

昇格しても給料が上がらないパターン

 

昇格しても給料が上がらないことは、以下のような場合に起こります。

ジニ男

 

残業代は給料に大きく影響します。

昇格して責任のある立場になると、周りから見られている立場上なかなか長く残業することが難しくなります。

そして、管理者になると手当がつく代わりに残業代がつかなくなることがあり、場合によっては年収が下がります。

そのため、残業代がつく立場にずっといられるように、わざと昇格しないようにする社員も必ず出てきます。

そのような状況では社員のモチベーションが上がらず、会社が成長していかないですよね。

最近は、昇格したら給料が上がるという当たり前の仕組みを当たり前に確立している企業も多くなってきています。

今の会社の給料システムに不満があるようであれば、転職を考えることも一つの手です。