仕事において「お金」と「時間」のどちらが大事か解説します

 

こんにちは!大手企業で採用担当をしていましたジニ男と申します。

ジニ男

 

あなたは仕事において「お金」と「時間」のどちらが大事だと思いますか?

この記事では、あなたがお金と時間のどちらを大切にすべきか、あなたが人生で大事にすべきことは何かについて解説します。

 

仕事において大事なのはお金ではなく時間です

 

エン太

仕事において大事なのはカネ!とにかくカネだカネ!
たしかにお金は大事だね。ただ、もっと大事なのは間違いなく時間ですよ!

ジニ男

 

時間は有限、残り時間は今も減っていますよ

時間は有限です、今この瞬間も刻々と時間は進んでいます。

また、時間は平等に与えられており、1日24時間しかありません。

人生における残り時間は「減る」いっぽうです。

対して、お金は無限です。減ることもありますし増えることもあります。

無限にあるお金と有限な時間、あなたはどちらを大事にすべきでしょうか。

人によってもちろん寿命は異なるものの、残されている時間は有限であるということはみな同じです。

 

時間をどれだけ好きなことに使えるかが人生の幸福度を決める!

 

みな平等に1日24時間与えられている時間を、どれだけ自分の「好きなこと」に費やせるかどうかが、あなたの人生の幸福度を決めます。

1日1時間しか自分の好きなことに使えていない人もいれば、寝ている時間以外はほとんど好きなことをしているような人もいます。

まずあなたの好きなことは何ですか?

限られた人生の時間の何%をあなたの好きなことに使えていますか?

 

人生の大きな時間を費やす仕事、あなたは好きですか?

 

人生の限られた時間の中で、大きな割合を占めるのは「仕事をしている時間」です!

ジニ男

 

あなたは仕事をしている時間が好きですか?

この質問に対してイエスとはっきり言える人は、日本人にはなかなかいないのではないでしょうか。

ただし、人生の多くの時間を仕事に費やすことは事実です。

例えば、勤務時間が9:00〜17:00のホワイト企業に勤めていたとしても、会社にいる時間は8時間、1日のうち3分の1です。

人生の33%を仕事に費やしているのに、その時間が好きでない時点で人生がもったいなさすぎますよね。

そんなあなたが取るべき方法は以下の2点です。

 

【方法1】徹底的に仕事の時間を短くする

仕事の時間が好きではないのであれば、とにかく徹底的に仕事をしている時間を短くすることです。

例えば、日本の企業の悪しき風習として、「上司が帰るまで部下が帰れない」といったことがまだ残っている所もあります。

そんなのは無駄に決まっています。

上司が帰るまで居たくもない会社に居続けるその時間も、着々と人生の時間は消費されているのです。

仕事が嫌なのであれば、時間を短くすることをとにかく意識しましょう。

早く帰ろうとすることで、仕事の効率も間違いなく上がりますよ!

 

【方法2】仕事自体を自分の好きなものに変える

仕事の時間を短くするとしても限界はあります。

正社員で「毎日勤務は1時間でいい」なんて会社はありませんよね。

そのため、一番のおすすめは「仕事自体を自分の好きなものに変える」ということです。

とはいっても転職するのはリスクがあるし…と迷っている間も時間は過ぎています。

今どき転職はあなたが思うほどハードルが高いことではありませんよ。

 

また、どんな仕事なら自分が好きと思えるのかわからないという人もいると思います。

そんなときは、まず転職を検討しましょう。

今すぐ転職しろと言っているのではなく、とにかく転職を「検討する」一歩を踏み出すのです。

転職を検討すれば自己分析も自然としますし、世の中の企業分析もします。

いま改めて考えれば、間違いなく新卒採用の時とは違う「自分自身の考え」に気づくことができますよ!

 

行動しないと迷っている時間がもったいない

 

さあ、迷っている時間がもったいない!とりあえず一歩を踏み出しましょう!

ジニ男

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

ただ、転職活動は自力で行うのには限界があります。

以下で述べる方法は、私の経験から最もおすすめする方法です。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「勤務時間や残業の実態」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!