【年収が少ない】お金を増やして本当にやりたいことをしよう!

 

こんにちは!大手企業で採用担当をしておりましたジニ男と申します。

ジニ男

 

あなたは自分の年収に満足していますか?

十分なお金があり、やりたいことを自由にやれていますでしょうか?

この記事では、年収が少ないことの問題点や、年収を増やす方法について紹介します。

ぜひ、お金に困らない幸せな生活を目指しましょう!

 

年収が少ないと幸せになるのは難しい

 

エン太

あぁ、お金がもっとあればあれもこれも色々できるのに…。ただ、お金が欲しいなんて言ったらみんなに変な目で見られるよなぁ。
お金が欲しい、あった方がいいというのは当たり前のことだから隠す必要はないよ。お金がないと幸せになりにくいのは事実ですから。

ジニ男

 

年収が少ないと幸せになるのは難しいです。

「そんなことはない!お金がなくても幸せな人はいる!」という意見もあるでしょう。

たしかに、お金がなくても幸せな生活を送っている人もいます。

ただし、そういう人はあくまでも少数派です。

 

あなたは10億円あったら何をしますか?

この世の中、お金があることで解決できることはたくさんあります。

例えば、今あなたが10億円を持っているとしたら、あなたは何をしますか?

今の会社をやめる、タワーマンションを買う、世界一周旅行をするなど、色々とやりたいことが自然と出てきませんか?

しかし、現状の生活を過ごしていると、なかなかその「やりたいこと」は出てきません。

そもそも発想自体が抜けています。それはなぜでしょう。

それは、そのやりたいことができる「十分なお金」が無いからです。

もちろんお金がなくても幸せな人はいます。

ただ、お金があることによって「できることが増える」というのもまた紛れもない事実です。

 

お金が欲しいと言ってはいけない日本の文化

それだけ大事なお金ですが、「お金が欲しい、お金を増やしたい」と言うことは一般的に悪いこととされています。

それは、日本の教育のあり方と関係していると考えます。

日本の教育は、みんなで同じ時間に登校し、みんなで一緒に礼をし、みんなで一緒に同じ給食を食べます。

「他の人と一緒=正しい」という意識が幼い頃からすり込まれるのです。

また、小学校から大学まで基本的にお金に関する授業はありません。

これだけ大事なお金について、誰もちゃんと教えてくれないのです。

 

お金の大切さを学ぶ機会がなく、他の人と一緒であることを美徳とする文化であるため、日本で「他の人よりたくさんお金がほしい!」と言うと変な目で見られ、時には出る杭が打たれてしまうのです。

 

年収を上げる方法とは

 

それでは、年収を上げるにはどのような方法があるのでしょうか。あなたはいくつ方法を挙げることができますか?

ジニ男

 

私が考える年収を上げる方法は大きく5つあると思っています。具体的には以下の5つです。

 

年収を上げる5つの方法

  • 今の会社で出世する
  • 残業・休日出勤で稼ぐ
  • 起業・独立する
  • 副業で稼ぐ
  • 転職する

 

詳細については以下の記事で紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

給料を増やすには?年収をアップさせる5つの方法

 

年収を上げるには転職がおすすめ、ただしコツがある

年収を上げる方法として大きく5つの方法を紹介しました。

この中で、最もおすすめするのは「転職する」選択肢です。

5つの選択肢の中で、すぐに効果が出やすいのは「残業・休日出勤で稼ぐ」と「転職する」です。(残業・休日出勤は論外)

それ以外の選択肢は基本的に時間がかかるためなかなか難しく、よほどの才能・継続力・モチベーションがないと大成しません。

そのため、転職を検討することをおすすめします。

今すぐ「転職する」のではなく、「転職を検討する」のです。

検討するだけなら個人の自由、今の会社に許可をもらう必要もありません。

ただし、転職の検討にあたり、自力で行うには限界があります。

転職の成功率を高めるにはコツがあるのです。

 

転職の成功率を高める方法

 

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「給料の実態はどうなのか」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!