理系院卒の年収は高い?その理由や大卒との差を紹介します

 

エン太

ジニ男さん、大卒と比べてやっぱり院卒の方が稼げるのでしょうか。
院卒の方が初任給は高いことが多いよ! ただ、大卒・院卒で生涯年収の高い・低いは語れないと思います。

ジニ男

 

理系院卒の年収は「初任給の高さ」が影響する

 

大卒より院卒の方が初任給は高い傾向にあります。

特に、理系だと大学院に進学する人が多いですよね。

文系と比べて「理系は大学院に行って当たり前」という風潮がある大学も多くあります。

ここで、大卒と院卒の「初任給の差」について紹介します。

 

大卒と院卒の平均初任給

  大学卒業 大学院卒業(修士)
初任給 206,700円 238,700円

参考:平成30年賃金構造基本統計調査結果(厚生労働省、https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/18/01.html)

 

上の表の通り、大卒と院卒で「3万2千円」も初任給の差があります。

この金額はけっこう大きいですよね。

そのため、入社後の初期はこの初任給の差が響いて、大卒と院卒で年収差が生じることが多いでしょう。

 

ただ、大卒・院卒だけで年収は決まりません。

やはり一番大きいのは、どの企業に所属するかです。

 

院卒の初任給が高い3つの理由

 

ここでは、大卒と比べて院卒の方が初任給が高い理由を紹介します!

ジニ男

 

院卒の初任給が高い理由

  • 専門知識が身に付いているため
  • 戦力化が早いと期待しているため
  • 学歴で給料を決めている企業が多いため

 

専門知識が身に付いているため

大学院に入ると、専門の分野を持つ研究室に所属します。

そこで、自分の研究テーマを選び、専門性の高い研究に取り組むことになります。

大学でも、上級生になると研究室に所属する学校もありますが、なかなか短い期間で深い中身の研究をすることは難しいです。

そのため、企業は大学院生を「得意とする専門分野がある」とみなし、その専門性を入社後に発揮して活躍してもらおうと考え、高い初任給を払います。

逆に、院生なのに得意とする専門分野が全く無いと、入社後に「期待はずれ」と思われてしまうかもしれません。

 

戦力化が早いと期待しているため

大学院では、学会に参加したり企業と共同で研究したりと、社会との繋がりが強くなります。

大学までは授業など一方通行で学ぶ場が多いですが、大学院では自ら考える機会が多くなると思います。

大学院は「学生」と「社会人」の中間の場と言えるかもしれませんね。

大学生と比べ、院生は社会人と接することで社会の仕組みや礼儀なども学び、学会などで緊張するような場も慣れている人が多いです。

そのため、就職して社会人になった後も院生は順応が早く、早く戦力になってくれると期待して、会社は給料を支払います。

 

学歴で給料を決めている企業が多いため

日本は未だに「学歴社会」です。

「大学院生」というステータスによって、初任給を高くしている企業が多くあります。

そのような企業が多いため、もし大卒と院卒の初任給を同じにしてしまうと、院生から見れば魅力が無くなってしまいます。

そのため、企業としても院卒の初任給を高くせざるを得ない状況となっています。

しかし、個人的には今のこの状況は、あまり良くないと思っています。

学生としても院卒の方が初任給が高いことを分かっていますので、あまり勉強したい分野が無くても将来の給料のために、何となく大学院に行く人も多くいることでしょう。

 

大学院には本当に勉強したい人のみ行くべき

 

エン太

院卒の方が給料が高いことが分かりました! 特に勉強したいことないけど、とりあえず大学院に行きます!
ちょ、ちょっと待って。その状態で大学院に行っても、つまらないだけで学費がもったいないよ。

ジニ男

 

大学院には、興味のある分野があって本当に勉強したいと思っている人が行くべきです。

「何となくみんな行くから自分も行く」という感覚であれば、行かずに就職した方が良いです。

大学院で学費を払ってもったいない2年間を過ごすより、どこかの企業に所属して社会人として2年間を過ごした方が成長できます。

一方で、大学まで学んできた中で、「もっと学びたい」と強く思うような興味のある分野があれば、ぜひ大学院へ進学しましょう!

その状態であれば、自ら積極的に研究して学ぶことができ、身に付いた専門性がその後の大きな武器になります。

 

生涯年収は大卒・院卒で決まらない

 

大卒・院卒など、学歴だけで生涯年収は語れません!

ジニ男

 

確かに、大卒・院卒で初任給は異なる企業が多いです。

そのため、必然的に入社初期は年収差も生じることでしょう。

しかし、それはあくまでも短期的な話であり、生涯年収で見ると大卒・院卒の逆転は往々にしてあることです。

結局、大卒であれ院卒であれ、高い能力を持ち会社にとって有益な人が出世して、年収も上がっていく仕組みです。

私は院卒だからとあぐらをかいていると、いつの間にか大卒から置いていかれ、自分が一番給料が低いという事態もあり得ます。

ただ、昇進のシステムは企業により不明瞭な所もあり、理不尽なほど給料が上がらない会社があるのも事実です。

そのような場合は、今の環境で頑張り続けるより転職を検討すべきです。

 

今より良い条件で働きたいなら転職を検討すべき

 

もし、あなたが今より年収を上げたいと思うのであれば、転職を検討するのが最も手っ取り早いです。

この世の中には、あなたの知らない会社や仕事がたくさんあります。

 

転職を成功させるのはとても簡単で、あなたに合った転職エージェントを利用して無料のサポートを受けることです。

【最新版】おすすめの転職エージェントランキング【エンジニア向け】

転職エージェントの選び方は、上記記事にて解説しています。

 

転職エージェントとは
  • 専門家があなたに合った求人案件を紹介
  • 利用料は無料
  • 履歴書や面接対策などサポートしてくれる

 

正直、無数にある求人案件から自分が求める案件を自力で見つけるのは無理です。

本当に転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのが手っ取り早いというのは間違いありません。