仕事のお悩み相談

理系で公務員行政職になれる?文系と比べたメリット・デメリットは?

更新日:

 

エン太
ジニ男さん、理系で公務員の行政職を目指すのは無理なのかなぁ?
そんなことないよ! 理系・文系に関わらず、公務員の行政職に就くことは可能です!
ジニ男

 

理系でも公務員行政職になることは可能

 

結論から言うと、理系でも公務員の行政職になることは「可能」です。

公務員試験で、理系・文系で差別されることはありませんし、面接においても理系が不利に働くということはありません。

そのため、理系・文系で差が出るとすれば、試験対策のしやすさ・学校で勉強してきた科目が活かしやすいかどうか、という所かと思います。

この記事では、理系で公務員、特に行政職を目指す方に「理系であることのメリット・デメリット」や「試験の内容」などについて紹介します!

 

理系で公務員行政職を目指すメリット・デメリット

 

公務員の行政職を目指すにあたり、理系であることがどのように影響するかメリット・デメリットを検証します!
ジニ男

 

試験において、理系であるから差別されるということはありません。

しかし、それまで勉強してきた科目や、また理系人材に対するイメージなどから有利・不利に働く点はあると考えます。

ここで、メリット・デメリットを以下にまとめます。

 

理系のメリット・デメリット

項目 内容
理系のメリット

・筆記試験が有利

・面接で真面目な印象を持たれやすい

理系のデメリット ・コミュニケーション能力を懸念される

 

理系のメリットその1 筆記試験が有利

公務員試験の筆記試験において「数的処理」という科目があります。

数学的な知識に長けている理系の方が、得意としやすい科目ですね。

また、自然科学という科目もあり、内容は数学・物理・化学など、まさに理系が得意とする所です。

一方で、もちろん文章理解や政治・経済など文系科目もあります。

しかし、文系科目って理系科目と比べて、差が出にくいと考えます。

文系の人が「理系科目がどう頑張ってもできない」というパターンは多いですが、文系科目を一から勉強する場合、理系であれ文系であれ理解度に差は出にくいのではないでしょうか。

 

理系のメリットその2 面接で真面目な印象を持たれやすい

面接において「理系人材は真面目」という印象を持たれやすいです。

公務員の給料は税金から払われているという視点から、公務員にはその働きぶりに対して厳しい目が向けられがちです。

そのような仕事において、真面目であることは1つの重要な要素ですね。

そのため、面接で真面目な印象を伝えることができれば有利に働きやすいです。

 

理系のデメリット コミュニケーション能力を懸念される

真面目な印象を持たれやすい一方で「理系はコミュニケーション能力が低いのではないか」と懸念されやすい面もあります。

公務員の仕事はその職種に関わらず、コミュニケーション能力が必要とされる仕事ばかりです。

一般的に、文系と比べ理系はコミュニケーション能力が低い人が多いと思われやすいので、逆に理系で高いコミュニケーション力をアピールできると高く評価されます。

 

もし、コミュニケーションに苦手意識を持っている人は、公務員以外にも向いている仕事がある可能性があります。

以下の記事も参考にぜひご覧いただければ幸いです。

 

理系で楽な仕事はある?探し方やメリットを紹介します

  エン太ジニ男さん、理系で楽な仕事はあるのでしょうか。理系職は全体的に激務なイメージがあります… 理系職でも、比較的楽な仕事は色々あります!ジニ男   理系職に激務のイメージを持 ...

続きを見る

 

また、公務員以外の仕事についても幅広く情報収集しておくことで、選べる選択肢の幅が大きく違ってきます。

とりあえず転職エージェントに登録して、まずは情報を得られる状態にすることをおすすめします!

 

【理系向けおすすめ転職エージェント】

 

【一般向けおすすめ転職エージェント】

 

公務員の職種紹介

 

エン太
行政職の公務員になりたかったけど、思ってみたらそれ以外の職種よく知らないなぁ。
行政職を目指す人も、ここで一度公務員の職種を把握しておこう!
ジニ男

 

公務員と一言で言っても、その職種は多岐にわたります。

以下の表に、職種と内容をまとめます。

 

公務員の職種

職種 内容
行政職 省庁や役所の事務全般
専門職 外務省・防衛省・財務省など勤務する官庁が限定
技術職 土木・建築・情報など専門分野が限定
公安職 海上保安官・警察消防など治安維持に従事する
心理職 捜査研究所・法務教官・心理相談員など心理学知識を活かした仕事
福祉職 自治体の福祉課や児童相談所などに勤める専門職
資格免許職 保育士・栄養管理士・薬剤師など資格を活かした仕事

 

公務員といえば「行政職」というイメージを持つ方もいますが、このように様々な職種があります。

公務員の職種についても一通り把握し、その上で行政職を目指した方がいいでしょう。

面接において行政職を志望する理由を語る際、他の職種を知っているのと知らないので話の深みが大きく異なります。

また、公務員の職種の勉強をする中で、なかなか自分の思いとマッチする職種が見つからない場合もあります。

そのような時は、ぜひ一般企業についても情報収集しましょう。

世の中の仕事は無限大に広がり、公務員だけが全てではありません。

 

公務員以外も幅広く情報収集しよう

 

公務員を志望している人も、ぜひ一般企業についても幅広く情報することをおすすめします!
ジニ男

 

公務員を目指す上で、ぜひ一般企業についても知っておきましょう。

一般企業にはどのようなものがあり、どのような仕事があるか知っておくことが、公務員試験にも活きてきます。

また、ゆくゆく公務員になった際も、一般企業との関わりは必ずあるため、今のうちに情報収集しておくと公務員の仕事にも良い影響があるでしょう。

ここでは、企業の情報を収集するおすすめの方法を紹介します。

もし、その中で魅力的な企業があれば、公務員でなく一般企業に勤める道もあるということを忘れないでおきましょう。

 

様々な企業の情報を収集する方法

社会人の人向けになりますが、様々な企業の情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「仕事内容の詳細」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

転職エージェントに登録するメリット

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる
  • 仕事内容の詳細など、本当に知りたい情報を事前に得ることができる

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

 

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

 

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

 

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

登録は以下の公式サイトから可能です

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い求人を見てみることをおすすめします!

 

-仕事のお悩み相談

Copyright© エンジニア転職のすすめ 〜仕事がつらい・年収を上げたいあなたへ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.