【仕事をする意義とは】働く意味を感じない人への3つのアドバイス

 

こんにちは!大手東証一部上場企業の元人事部のジニ男です。

ジニ男

 

皆さんは日々働く中で「仕事をする意義」を感じられていますか?

意義をしっかり感じながら仕事をすることができたら、人生そのものの幸福度も増します。

この記事では「仕事をする意義とは何なのか」「意義を感じない人はどうすればいいのか」についてお伝えします。

 

仕事する意義を感じないなら現状維持は苦痛

 

エン太

ジニ男さん、僕は何のために仕事をしているんですかね。働いていても全く意義を感じることができません。
エン太くん、その状態で働いていても苦痛なだけだよ。現状を改善する行動を取るべきだね。

ジニ男

 

意義を感じるから仕事を楽しむことができる

人は仕事に対して何かしらの「意義」を感じることで、仕事自体を「楽しむ」ことができます。

そのため、仕事が全然楽しくないと思っている人は、自分が何のために仕事をしているのか「仕事をする意義」を一度考えてみるといいでしょう。

その際、仕事の意義は人それぞれ感じ方が違いますので、周囲の意見に流されないように注意しましょう。

 

仕事の意義の例

 

仕事をする意義は人により異なりますが、例えば以下のようなことが挙げられます。

 

仕事をする意義の例

  • 社会の発展に貢献できる
  • 幸せな人を増やせる
  • 自己成長につながる、スキルが身につく
  • 社会や他人から認められる
  • 出世して権力を得る
  • お金を稼ぐ

 

上記の箇条書きでは、後半に向かって個人的な欲を満たすような内容になりますが、人生において自分自身の欲を満たすことは大事ですので、それ自体に問題はありません。

大切なのは、自分が働いている意義を自分自身で認識して、そして納得した上で働いているかどうかということです。

 

仕事の意義を感じない人への3つのアドバイス

 

ここで、仕事の意義を感じていない人がどうすればいいのか、3つのアドバイスをお伝えします!

ジニ男

 

仕事の意義を感じない人への3つのアドバイス

  • 今の会社で最も興味のある仕事を探す
  • 仕事内容以外(人やお金など)に働く意義を見出す
  • 転職で意義を感じる仕事に就く

 

今の会社で最も興味のある仕事を探す

今の会社の各部署で行われている仕事の内容を把握できていますか?

もしかしたら、今の会社の中で自分が強く興味を持てる仕事があるかもしれません。

そのため、改めて自分の所属する会社が行っている事業や、各部署での仕事内容を一通り確認してみましょう。

その中から自分が最も興味が持てる仕事を見つけることで、仕事の意義が見つかるかもしれません。

今一度、自分の所属する会社について、客観的に全体を見てみることをおすすめします。

 

仕事内容以外(人やお金など)に働く意義を見出す

仕事自体にどうしても意義を感じられない場合は、仕事の内容以外に働く意義を見出せないか考えてみましょう。

例えば、社内に尊敬できる人がいるのであればその人に認められるために頑張る、仕事はお金を稼ぐためにやっていると割り切って給料を上げるために頑張るといった感じです。

仕事内容以外のことに意義を見出せるのであれば、仕事はそのためにやっていると割り切って働くということも一つの手です。

 

転職で意義を感じる仕事に就く

今の会社では意義のある仕事が見つからない、仕事以外のことにも意義を見出せないという場合は、転職して仕事を変えることを検討してみましょう。

今の時代、転職はあなたが思うほどハードルが高いことではありません。

転職により意義を感じる仕事に就けるのであれば、あなたの人生の幸福度は格段に上がるでしょう。

 

理系の方には、以下の記事でやりがいを感じる業界や職種について紹介しています。

よろしければ合わせてご覧ください。

【理系の仕事は楽しい】やりがいを感じる業界や職種を紹介!

 

今の仕事に意義を感じていないなら転職を検討すべき

 

もし、あなたが今の仕事に意義を感じていないのであれば、転職を検討するのが最も手っ取り早いです。

この世の中には、あなたの知らない会社や仕事がたくさんあります。

 

転職を成功させるのはとても簡単で、あなたに合った転職エージェントを利用して無料のサポートを受けることです。

【最新版】おすすめの転職エージェントランキング【エンジニア向け】

転職エージェントの選び方は、上記記事にて解説しています。

 

転職エージェントとは
  • 専門家があなたに合った求人案件を紹介
  • 利用料は無料
  • 履歴書や面接対策などサポートしてくれる

 

正直、無数にある求人案件から自分が求める案件を自力で見つけるのは無理です。

本当に転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのが手っ取り早いというのは間違いありません。