仕事を体調不良で早退するときの基準やマナー、相談の仕方を紹介!

 

こんにちは!大手東証一部上場企業の人事部経験者のジニ男です。

ジニ男

 

人間が生活する中で、体調不良はつきものです。

人によって体調不良になりやすい・なりにくいといった差はありますが「1度も体調不良になったことがない」という人はいないと思います。

この記事では、もし仕事中に体調不良になってしまった場合に、早退するときの基準やマナーなどについて紹介します!

 

仕事を体調不良で早退するのはある意味マナーです

 

エン太

今日は朝から熱があって仕事も全然はかどらない… けど気合いで会社にいよう!それが会社員というものだ!
エン太くん、君は今すぐ早退しよう。その方が会社としてもありがたいと思うよ。

ジニ男

エン太

ええっ、会社にがんばって残るって言ってるのに!!

 

あなた1人が休むより、うつる方が損失は大きい

 

仕事中、体調不良になってしまった場合、その程度にもよりますが早退するのはある意味マナーです。

基本的にオフィスは密閉されたような空間ですので、明らかに熱があるのに在社し続けるのは、まわりの人にうつす可能性を高めているだけです。

一方、体調が悪いときに頑張ってもたいして仕事は進みません。

会社としてはあなた1人の仕事が止まるより、うつされて複数人の仕事が止まる方が損失が大きいです。

まともな上司ならそれを認識していますので、体調不良なら速やかに早退しましょう!


ただ「体調管理も仕事のうちだ!」という古い気質の上司の場合、早退するのに気を使うかもしれません。

しかし、それは今どきパワハラにあたります。気にせず早退するべきです。

詳しくは以下の記事に書いていますのでよろしければご覧ください。

「体調管理も仕事」はパワハラ?上司が部下不在リスクを考えるべき!

 

早退するときの基準

 

以下の3点に当てはまる場合は迷わず速やかに帰りましょう!

ジニ男

 

早退するときの基準

  • 自分の平熱より1℃以上高い
  • 座っていてもつらい
  • まだ早めの時間である

 

自分の平熱より1℃以上高い

とりあえず熱があるなら帰りましょう。

職場に体温計ぐらいあるかと思うので、測ってみて自分の平熱より1℃以上高かったら帰るべきです。

ただ、平熱が36.5℃の人が、熱を測ったところ37.2℃だった場合は迷いますよね。

そのようなときは、次の観点でも自分の状態を確認してみましょう。

 

座っていてもつらい

座っている状態でもつらい、横になりたいという場合は会社にいても仕事は進みません。

人間が座っているだけでもつらい、横になりたいと感じる場合はかなり弱っている状態です。

その場合はメールを見ているだけでもつらいはずです、速やかに早退しましょう。

パソコンの前に座って時間が過ぎるのを待っているのは不毛です。

 

まだ早めの時間である

体調不良を感じたのが午前中など早めの時間の場合、早退すれば病院にも行けますし早退した方が早く復帰できるかもしれません。

しかし、体調不良を感じたのが夕方の場合、終業まで粘る選択肢はあると思います。

時間にもよりますので決して無理してはいけませんが、終業後に帰社した方が精神的に楽な場合もあります。

その場合は帰るときに「体調不良のようなので、明日の朝の様子を見て出社します」と一言上司へ伝えておくと、翌日休みやすくなるでしょう。

 

早退するときのマナーや相談の仕方

 

早退するときにもマナーや相談の仕方で、上司などまわりへの印象が大きく変わります。ぜひ以下の3点を意識してみましょう!

ジニ男

 

早退するときのマナーや相談の仕方

  • 今日明日の自分の予定を整理する
  • 自分の身体の状態をちゃんと伝える
  • 後日、お詫びやお礼をする

 

今日明日の自分の予定を整理する

これが一番大事だと思います。

上司にとっては、言ってしまえば「あなた」ではなく「あなたの仕事」が心配です。

そのため、直近の自分の予定を整理し、必要により引継ぎを進めておきましょう。

そして早退を申し出る際には、自分の仕事の予定は全て事前に整理済の旨も合わせてお伝えしましょう。

そうすれば、上司も「わかった、お大事に」と言うしかありません。

 

自分の身体の状態をちゃんと伝える

体調不良の状態を細かくきちんと伝えることも大事です。

「体調不良なので…」と言われただけだと、「本当に早退するほどなのか?」と思われてしまうかもしれません。

そのため、「熱が◯℃あり、頭痛や寒気もして座っているのもつらいので、早退してもいいでしょうか」など、自分のつらさをきちんと伝えるようにしましょう。

合わせて、病院に行く予定である旨も伝えるといいと思います。

早く治して復帰しようと思っている気持ちを伝えることができます。

 

後日、お詫びやお礼をする

体調が治ったあと、出社した際には上司や仕事を引き継いだ人へお詫びやお礼をしましょう。

復帰したあと最初に会ったときに一言お礼すると、あなたへの印象が良くなります。

人によって全く気にしていない、むしろ早退したことを忘れている人もいますが、中には細かいことを気にする人もいます。

「あいつ人に仕事ふっておいて、お礼の一言も無かったな」と思われないように、体調が治って気を抜いてしまわないように注意しましょう。

 

体調不良が続くようなら転職を考えた方がいい

 

体調不良にも様々な要因がありますが、もしかしたら心療内科に行った方がいいこともあります。

ジニ男

 

あなたの体調不良の原因が、もしかしたら仕事から来るメンタル面である可能性もあります。

その他、様々な要因で体調不良が起こりますので、体調不良が続くようであれば今の自分がいる環境が合っていない可能性もあります。

そんなときは転職を考えるのも1つの手です。

今どき転職はあなたが思うほどハードルが高いことではありません。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

転職の成功率を高める方法とは

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「休みや早退の取りやすさ」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!