仕事の飲み会が辛い!無理して行く必要はある?断る方法も紹介します

 

エン太

ジニ男さん、僕はお酒が全然飲めないのに、会社の飲み会に連れていかれて辛いです…
辛いなら無理していく必要はないと思うな。飲み会に合う・合わないはその人の性質があるからね。

ジニ男

 

飲み会が楽しくない、お酒が飲めないから行きたくない、という人は多いのではないでしょうか。

特に、最近の若者はお酒を飲まない人も多いので、そもそも飲み会が嫌いという人も多いです。

私もそのタイプでして、若手の頃はとにかく飲み会が嫌で嫌で仕方なかったです。

ただ年を重ねるにつれて、飲み会との付き合い方も私なりの考えが整理されてきましたので、それを今回は紹介します!

 

仕事の飲み会が辛い人は必要最小限にしよう

 

私の考え方としては「仕事の飲み会は最小限参加すべき」ということです。

人によっては「飲み会なんて全て行く必要ない」という人もいますが、私はそこまでは思っていません。

必要最小限だけ行くというやり方が一番賢いと思っています。

例えば、職場全体でやる歓送迎会や忘年会だけ行くとか、月1回だけ一番重要そうな飲み会だけ行くとかですね。

ただ、その場合も二次会に行きたくなければ行かなければいいと思います。

一次会が終わった時点でみんな飲んでいますので、酔っ払い集団の状況です。

そのため、帰りたければスッと帰りましょう。

みんな酔っ払っていますから「あれ、あいつどこ行った?まあいっか」という感じで、翌日にはあまり気にされていません。

逆に「帰っていいですか」と聞いて「帰っていい」という酔っ払いはいないですね(笑)

 

飲み会が全てでないが仕事に影響するのも事実

 

納得いかないかもしれませんが、飲み会といった「付き合い」の部分が仕事に影響することは事実です。

例えば、私にはなかなか決裁をくれない厳しい上司が、他の人が行ったとき「この前はおつかれー」みたいな雑談しながら決裁をもらっていたりします。

理不尽な話ですが、人の相性という本質的な部分なので仕方ないです。

また、私は大手企業で人事関係の仕事をしていましたが、人事評価も上司の好き嫌いの要素が非常に大きいです。

もちろん仕事の取り組み状況が人事評価のメインですが、それ以外の要素も多分に含まれます。

そのため、飲み会に全て行かないと割りきらず、必要最小限に絞って参加しましょう。

もし飲めないのであれば飲めないことはオープンにして、その代わり出来る限りその会の中心人物の近くに座って、自分の存在を認知させましょう。

基本的にお酒を飲む人は自分が話したいので、時間まで相手の話に相槌をうっていればOKです。

「あいつは飲めないのに参加して偉いな」という印象を植え付けられれば大成功です!

 

辛かった飲み会の経験談

 

ここで、私自身の体験談を紹介させていただきます!

ジニ男

 

とにかく飲み会に行きたくなかった若手時代

「とにかく飲み会に行きたくない、全然楽しくない!」と思っていた若手時代。

それでも断ることができず、しぶしぶ飲み会に行っていましたが、自分はお酒が飲めないのでただ時間が過ぎるのを待つばかりでした。

そんな感じなので、話にもなかなか混ざれず「何か話せ」とか「もっと気を遣え」とか色々言われましたね。

そして、より一層飲み会に行くのが嫌になるという、負のスパイラルに陥っていました。

そのような状態が3年くらいは続きましたが、これも仕事のうちだと自分を何とか納得させて飲み会に行っていましたね。

それも二次会まで行って、お金も払って、ただつまらない時間が過ぎるのを待つ。

今思えば、非常に辛い時間でした。

 

飲み会とうまく付き合うコツをつかんだ現在

現在はだいぶコツをつかんだというか、自分なりの飲み会との付き合い方が確立されたと思います。

まず、行かなくてもいい飲み会は理由をつけて断るようにしました。

しっかりと理由を述べればあまり文句を言われないですし、文句を言われないような断ってもいい飲み会を選んで断わっています。

また、二次会は基本的に行かないです。

一次会に参加していれば「飲み会を断わったやつ」にはなりませんので、一次会が終わった段階でスッと消えています。

お店の前に残っていると結局二次会に巻き込まれますので、そこは割り切って帰っています。

ただ、その分一次会でなるべく話すようにしていますね。

お酒を飲みはしないですが、話すように努力して存在を示すように意識しています。

 

会社の飲み会を断る理由例

 

飲み会を断る理由としては「体調不良」「家族のせい」「別件がある」といったことが挙げられます。

このあたりを上手く使い分けるとスムーズに断ることができます。

1つ目は「自分自身の体調不良」です。

使い過ぎると怪しまれますが、基本的に体調不良と言われて無理に飲み会に誘う人はいません。

熱がある、咳が出るから病院に行くなど具体的な理由を述べましょう。

2つ目は「家族のせい」にするということです。

妻が体調不良だとか、子供を迎えに行かなければならないとか、本当は飲み会に行きたいんだけど行けないという雰囲気を作りましょう。

3つ目は「別件がある」ということです。

この理由については、別件の内容を詳細に述べられるようにしましょう。

1ヶ月前から別の飲み会が入っていたとか、遠方から友達が会いに来るなど、前々から決まっていたという説明がいいと思います。

理由が偏ると怪しまれますので、飲み会に行かない理由をバランスよく使い分けましょう!

 

飲み会が理不尽なら環境を変えるのもあり

 

最小限飲み会に行くべきだと言いましたが、度を過ぎる環境であれば頑張っても意味がありません!

ジニ男

 

例えば飲み会に行くことを強制される、飲み会の場でアルハラ・パワハラが横行している、といった状態であれば頑張って飲み会に行く意味がありません。

また、そのような会社は今どきの世の中の風潮にあっていないため、将来性もイマイチだと思います。

そのような時は、思い切って転職を検討することをおすすめします。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

環境を変えることはリスクを伴いますが、成功率を高める方法があります!

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「飲み会が多い社風なのか」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!