仕事が泣くほど辛い!我慢するデメリットと対処方法をお伝えします

 

エン太

ジニ男さん、仕事が泣くほど辛い時どうすればいいのでしょう…
泣くほど辛い時は無理しちゃダメだよ。そんな時の対処方法を教えるね!

ジニ男

 

泣くほど辛い時の7つの対処方法

 

泣くほど辛い時は以下の7つの対処方法を試してみましょう!

ジニ男

 

泣くほど辛い時の7つの対処方法

  • とりあえず休む
  • 徹底的に泣く
  • 辛い気持ちを吐き出す
  • 何が辛いのか書き出す
  • 自分自身を褒める
  • 本当にやりたいことを考える
  • 環境を変える

 

とりあえず休む

泣くほど辛い時は、身体にも大きな負荷がかかっています。

そんな時は無理は禁物。とりあえず休みましょう。

有給休暇をとって1人で旅行に行くのもいいですし、家でのんびりするのもいいです。

「泣くほど」というのは黄色信号ですので、意識的に一度立ち止まって、一休みしましょう。

 

徹底的に泣く

泣きたい時に涙をこらえることは、それ自体がストレスの元になります。

そんな時は徹底的に泣きましょう!

人目が気になる場合は、1人になれる空間で思いきり泣きましょう。

泣いて泣いて泣きまくると、最終的には泣けなくなります。

そうすると、いつの間にかスッキリとした気分になれるでしょう。

 

辛い気持ちを吐き出す

辛い時、自分の中に気持ちを溜め込むとどんどん悪循環に陥ります。

そんな時は、辛い気持ちを積極的に吐き出すことが大切です。

身近で一番話しやすい人、話を素直に聞いてくれそうな人に、今の辛い気持ちを打ち明けましょう。

自分1人で溜め込んでいる時より、吐き出すことで気持ちがだいぶ楽になります。

 

何が辛いのか書き出す

辛い時、何が辛いか改めて考えると、意外と理由がはっきりしないことがあります。

紙とペンを出し、何が辛いのか一通り書き出してみましょう。

思いついたものから箇条書きにすることで、何が辛いのか明確になってきます。

それにより、自分の中でも悩んでいるポイントが整理されますし、辛い原因から意図的に離れることもできます。

 

自分自身を褒める

真面目な人ほど自分に厳しく、自分自身をどんどん追い詰めてしまう傾向があります。

そのような人は、少しだけ自分に甘くなり、ちょっとしたことで自分を褒めるクセを付けましょう。

少し頑張ったあとは、自分に何かご褒美を買うのもいいですね。

ぜひ「自分自身を褒める」意識を持ちましょう。

 

本当にやりたいことを考える

「あなたが本当にやりたいことは何ですか」

この質問に即答できますか?

即答できる方は、そのやりたいことを中心とした生活を検討してみましょう。

即答できない方は、一度ゆっくり考える時間をとりましょう。

その結果、やりたいことを実現するために転職が必要なら転職すべきですし、やりたいことが「休日にやること」であれば仕事はそこそこに休日メインで過ごしましょう。

 

環境を変える

泣くほど辛い環境が今後しばらく変わらないのであれば、自ら環境を変える必要があります。

環境を変える方法として、社内の部署異動が挙げられますが、希望してもなかなか実現しない場合が多いです。

そのような時は「転職」も視野に入れるべきです。

泣くほど辛い環境にいる時間は、限られた人生の中でもったいない時間です。

 

辛い時に我慢し続けるデメリット

 

泣くほど辛い時、我慢し続けることは大きなデメリットがあります。

ジニ男

 

涙があふれる原因は心身への過剰負荷

泣きやすい人・泣きにくい人など、涙の出やすさには個人差があります。

しかし、普通に生活している状態で涙が出ることはそうそうありません。

涙があふれる原因は「心身に相当な負荷がかかっている」ということです。

泣くほど辛い時、心や身体へ大きな悪影響があることを認識しましょう。

 

腹痛・頭痛など体への悪影響

辛さを我慢し続けて体への悪影響が続くと、腹痛や頭痛、めまいなど体の不調が出ます。

管理人の経験ですが、辛さを我慢し続けて倒れてしまい、結果的に病気で1ヶ月ほど入院したことがあります。

我慢し続けている間は、なかなか体に過負荷がかかっていることに気がつかないものです。

ぜひ少しでも体に不調があれば、無理せず休みましょう。

 

うつ病など心への悪影響

腹痛や頭痛など「痛み」は分かりやすいですが、うつ病など心の病気にも注意しましょう。

泣くほど辛いということは、心への悪影響も大きいということです。

無理をしない、我慢しない、ほどほどに生きる、それぐらいの意識で生きていきましょう。

頑張れる時だけ頑張ればいいのです。

 

心が元気になる言葉

 

管理人が好きな「心が元気になる言葉」を3つ紹介します。

 

生きてりゃなんとかなる

ある映画のセリフなのですが、これだけでピンと来る方いますでしょうか。
宮崎駿監督の「もののけ姫」の終盤のセリフです。

住んでいたタタラ場が燃えてしまい「もう終わりだ」と弱気になった旦那に対して言い放った、おトキというキャラの一言です。

死んでしまうとその人生は終わりとなりますが、生きていれば失敗してもやり直すチャンスがあります。

生きてりゃなんとかなります。

 

人生の主役は「自分」

仕事が辛いあなたは、周りに忖度し、周りの目を気にして生きていないでしょうか。

あなたの人生はあなた自身のものです。他の誰のものでもありません。

主役であるあなたが、やりたいことをやる、進みたい道を進めばいいのです。

それに対して周りが何と言おうと、気にする必要はありません。

人生の主役は「自分」ですから。

 

迷ったらワクワクする方を選ぶ

人生において選択しなければならない分岐点が訪れ、迷うことが多くあります。

そんなときの判断基準を明確に持っていますか?

ある人は「迷ったら自分がワクワクする方を選ぶ」とのことです。

とても分かりやすいですよね。

リスクなどは二の次で、とにかくワクワクする方を選ぶ。

その方が、あとになって振り返った時、後悔が少ないはずです。

 

泣くほど辛い時は転職を考えよう

 

エン太

もうダメだ、辞めたい!ただ、転職でさらに状況が悪化したらどうしよう…
会社の情報を事前に入手して、転職の成功率を高める方法があるよ!

ジニ男

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「会社の社風や離職率」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!