「通勤時間が長いから転職」はいいの?平均通勤時間も紹介します!

 

エン太

通勤時間が片道2時間、往復で4時間…これって頑張る意味あるのかなぁ。
1日24時間しかないので、その内の4時間も通勤に費やすのはもったいないです!ぜひ改善を図りましょう。

ジニ男

 

通勤時間が長いから転職は「あり」

 

結論から言うと、「通勤時間が長い」という理由で転職することは「あり」です。

ただ、通勤時間を短くする他の方法も合わせて検討してみましょう。

 

平均通勤時間は47分

一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で、一人暮らしをしている電車通勤の20〜30代会社員を対象にした調査によると、通勤時間の平均は「47分」でした。

一方で、理想の通勤時間は「29分」という結果となっており、多くの人が通勤時間の長さに不満を持っています。

1時間を超えるような人は、平均から見ても通勤時間が長いといえるでしょう。

参考:アットホーム(株)(https://athome-inc.jp/wp-content/uploads/2018/06/2018061301.pdf)

 

他の方法で解決できなければ転職を検討すべき

通勤時間が長いことが辛くて、かつ引っ越しなど他の手段が取れない人は「転職」が1つの選択肢になります。

通勤のストレスが長く続くと、身体にも大きな負担がかかります。

今すぐ転職は考えていなくても、情報収集から始めることをおすすめします。

 

メインの理由にはしない方がよい

転職を検討するにあたり「通勤時間は長いため」が理由だとしても、そのまま転職理由のメインとして使わない方がいいです。

「忍耐力がない」など、ネガティブなイメージに捉えられてしまう恐れがあります。

「通勤時間に費やしている時間を、仕事に打ち込む時間にしたい!」といった、ポジティブな理由に変換してアピールしましょう。

 

通勤時間の有効な活用方法

 

エン太

通勤時間は寝る!寝るに限る!
確かに寝たい時もあるけど、それだけだともったいないよね。有効な活用方法を紹介します!

ジニ男

 

王道は読書

電車の中で本を読んでいる人をよく見かけますよね。

ビジネス書や小説など、読書をすることで通勤時間を有効に使うことができます。

読書で得られる知識は、仕事の中だけでは得られないものも多いです。

さらに、何となく寝たり携帯をいじったりするより、本を読んでいる方が通勤時間が短く感じるかと思います。

 

資格や語学の勉強

通勤時間を勉強にあてるのも有効です。毎日、決まった時間だけ勉強することができます。

家に帰ってから勉強しようと思っても、テレビやベッドなど誘惑に負けて勉強できないことがありますが、通勤時間は意外と集中できることが多いです。

通勤時間中の勉強により、資格が取得できたりTOEICの点数が上がったりすると、会社内の評価アップにもつながります。

 

1日のToDoリストを整理する

通勤中にその日1日の「やることリスト」を整理しておくことで、会社に着いた時点からスタートダッシュをかける、という狙いです。

これにより、仕事を効率よく進めることができ、結果的に帰る時間を早めることにもつながります。

少しの時間で構いませんので、例えばスマホのメモ帳アプリなどを活用して、その日のToDoリストを作成することをおすすめします。

 

通勤時間が長いことによるデメリット

 

エン太

通勤の電車の中で、毎日気分が悪くなるのはなぜだろう…
ストレスにより身体に負荷がかかっている可能性が高いです。通勤時間が長いと色々なデメリットがあります。

ジニ男

 

ストレス・疲れが蓄積する

朝の通勤時は電車に乗っても座れないことが多く、満員時には人との距離も近くて大きなストレスになりますよね。

さらに、乗り降り時に扉に近くにいようものなら、降りたくなくても一度押し出され、その後無理やり押し込まれてしまい、もう最悪です。

このストレスや疲れによる身体への悪影響は馬鹿になりません。

 

会社に行くことが憂鬱になる

身体への影響が深刻になってくると、会社へ行くこと自体が嫌になってきます。

会社に着いてしまえばいつも通り働けるのですが、とにかくその前の通勤時間が憂鬱だという状況です。

その状態で、さらに仕事上で嫌なことがあると通勤時間の憂鬱さが倍増し、うつ病になってしまう人もいます。

 

家族と過ごす時間が減る

片道1時間半、往復で3時間通勤に費やしているとすると、その3時間分の家族と過ごす時間を失っていることになります。

1日3時間は大きいですよね。

例えば小さいお子さんがいる家庭だと、朝は顔を合わせることもできず、夜も帰ったらすでに寝ている状況で、平日は全く顔を合わせていないような人もいます。

通勤時間を減らせば、朝一緒に食事をし、夜は一緒にお風呂に入るような生活も可能です。

 

出社時間が安定しない

通勤に電車を使っていると、人身事故や車両トラブルなど、どうしても遅延は発生してしまいます。

それが、乗っている区間が長ければ長いほど、遅延の影響を受ける可能性が高まります。

それにより出社時間が安定せずに朝遅れた分、夜遅くまで残業するというようなことになりがちです。

 

通勤時間を短くする3つの方法

 

ここで、通勤時間を短くする3つの方法を紹介します!

ジニ男

 

通勤時間を短くする3つの方法

  • 会社の近くへ引っ越す
  • 家の近くの部署に異動希望を出す
  • 転職する

 

会社の近くへ引っ越す

会社の近くへ引っ越すことは可能でしょうか。

結婚している場合、家族で引っ越すことが難しいこともありますが、平日1人で住むための賃貸を借りることも選択肢の一つだと思います。

通勤時間が短くなることは大きなメリットです。

ただ、お金がかかる・家族との時間が減るなど、デメリットとの天秤をかけて決めるべきでしょう。

 

家の近くの部署に異動希望を出す

会社の部署が家の近くにある場合、その部署への異動希望を出してみましょう。

その際には、家に近いということだけでなく、その部署で働きたい具体的な理由や熱意をアピールした方がいいです。

上手く異動できれば、通勤時間の大幅削減に繋がります。

ただ、家の近くに部署がない、異動できるような部署ではないなど、上手くいかないことも多いでしょう。

 

転職する

今住んでいる家の場所を基準として転職活動をすれば、通勤時間が短い会社に入れる可能性があります。

今の時代、転職のハードルもどんどん下がっており、転職によりキャリアアップしていくような人もたくさんいます。

最初から「転職はしない」と決めつけずに、転職も選択肢の一つとして、まずは情報収集から始めてみましょう。

 

引越し・異動が難しければ転職を考えよう

 

エン太

引越しも異動も難しいから転職を検討したいけど、情報をどのように集めればいいんだろう?
本当に欲しい情報を事前に入手して、転職の成功率を高める方法があるよ!

ジニ男

 

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「会社の部署ごとの勤務箇所」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!