「キャリアアップに興味ない」のはダメ?気にする必要はありません!

 

こんにちは!大手企業で採用担当をしていましたジニ男と申します。

ジニ男

 

あなたは「キャリアアップ」に興味はありますか?

実際は興味がないのに、「キャリアアップに興味を持たないなんてダメだ!」と上司や同期から言われたことはありませんか?

キャリアアップに興味を持たないことは、果たして本当にダメなことなのでしょうか。

この記事では、キャリアアップに興味がなくても問題ない理由や、そんな人が考えるべきポイントについて紹介します!

 

「キャリアアップに興味ないのはダメ」と言われても気にするな

 

エン太

ジニ男さん、上司から「キャリアアップにもっと興味を持て!」と言われたんですけど、正直全く興味ないっす。
エン太くん、その上司の意見は気にしなくていいですよ!興味なんて人それぞれなんですから。

ジニ男

 

「キャリアアップ=出世」ととらえて使っている人が多い

キャリアアップに興味を持った方がいいという人は「キャリアアップ=出世」ととらえて言っている人が多いです。

しかし、本来の意味は違います。

マイナビエージェントさんのサイトを参考にすると、キャリアアップは「専門的な知識を身につけ、自分の能力を向上させて、経歴を高める」という意味があります。

参考:マイナビエージェント(https://mynavi-agent.jp/knowhow/career_enhancement/

そのため、出世という意味はあくまでもキャリアアップという言葉の一部分でしかなく、本来は知識を身につけることや能力を高めることの意味を持っているのです。

 

出世したいんじゃない!やりたいことをやりたいんだ!

上司から「キャリアアップに興味を持たないとダメだ!」と言われ、あまりピンと来ない人もいると思います。

そういう人は、仕事に求めることがその上司と異なっているということです。

その上司は「出世」に主眼を置いているのに対し、あなたは「自分のやりたいことをやる」ことに主眼を置いているのです。

そのため、意見が違う訳ですから、ピンと来ないのは当然でしょう。

無理に自分の考えを変えようとする必要はありません。

仕事に「自分のやりたいこと」を求めるのは、非常に大事なことです。

 

出世に興味ない人が確認すべき3つのこと

 

それではここで、出世に興味がない人が確認すべき3つのポイントについて紹介します!

ジニ男

 

出世に興味ない人が確認すべき3つのこと

  • 会社を利用してスキルが身につくか
  • 会社にいる「人」は好きか
  • 今の仕事が好きか

 

会社を利用してスキルが身につくか

今の会社に所属して仕事をしていると、世の中で使えるスキルが身につきますか?

自分のスキルを高めることができれば、自然と転職市場においても自分という商品の価値が高まります。

一方で、その会社の中でしか使えないようなことしか身につかないようであれば、その会社で働き続ける意味はあまりありません。

現代は会社が個人を利用する時代ではありません、個人が会社を利用する時代です。

今所属している会社が利用する価値があるかどうか改めて確認してみましょう!

 

会社にいる「人」は好きか

会社にいる人の中で今後も長く付き合っていきたいような、人として好きな人は人はいますか?

また、「この人のようになりたい」と思えるような尊敬できる人物はいるでしょうか。

そのような人がいる場合、出世に興味がなくてもその会社に居続ける意味はあるでしょう。

あなたが尊敬できる人がその会社で働いているのですから、尊敬する人がその会社を選んでいる何かしらの意味があります。

できれば、本人と会社について直接話ができるといいですね。

もしかしたら、転職を検討しているかもしれないですから。

 

今の仕事が好きか

これが最も重要です。

あなたは、あなたがやっている仕事が好きですか?

この質問にYESで答えられる人は、出世に全く興味がないにしても、その会社で働き続けた方がいいです。

むしろ、出世よりも大事な意味がその会社にはあります。

一方、出世も興味ないけど今の仕事が好きな訳でもない、ただ惰性で働いているという人は現状維持を続ける意味はありません。

そのような場合は転職を検討しましょう。

今すぐ「転職する」のではありません、「転職を検討する」のです。

検討するだけなら自由ですし、他の企業を見ることによって、今の会社の今まで見えていなかった良いところが見えてくるかもしれません。

 

「仕事が好きでない」のは問題です

 

キャリアアップに興味がなくてもいいですが、仕事が好きでないのは問題です。

ジニ男

 

仕事が好きでないなら現状維持は苦痛です、転職について具体的に検討してみましょう。

ここでは、転職エージェントを利用する方法と、転職サイトを利用する方法を紹介します。

転職活動は、自力で行うのには限界があります。

以下で述べる方法は、私の経験から最もおすすめする方法です。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「詳細な仕事内容」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!