ブラック企業でストレスがヤバい!代表的な特徴や7つの対処法を紹介

 

エン太

ジニ男さん、会社に行くのがつらいよー。うちってブラック企業なのかなぁ。
ブラック企業には代表的な特徴があるよ!ストレスの対処方法も合わせて教えるね。

ジニ男

 

ブラック企業の代表的な特徴

 

ブラック企業の代表的な特徴として、以下のような点が挙げられます。

ジニ男

 

長時間残業・休日出勤

ブラック企業では長時間残業や休日出勤が常態化しがちです。

それが当たり前となり、慣れてしまって気づかなくなっていることもあります。

労働基準法により、労働時間は1日に8時間・1週間に40時間を原則超えてはならず、超えるためには労使間で36協定を結ぶことが必要です。

しかし、ブラック企業においては法律違反になるレベルの長時間残業や、無理やり法定内に収めるようサービス残業をさせる実態もあります。

 

有給休暇がとれない

有給休暇は労働基準法第39条で定められており、労働者の権利です。

そのため、労働者から請求があれば会社は拒絶してはいけません。

労働基準法第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

しかし、ブラック企業ではそんなことお構いなし。

有給休暇は会社としても表面上は消化率を高めたいため、有給休暇と称して実際は闇出社しているような状態もあります。

 

相応の給料が支払われない

お金が仕事をするモチベーションの1つになることは多くの人に当てはまります。

その給料が働いた分ちゃんと支払われないというのは明らかにブラックです。

休日出勤などをした場合には、きちんとその分の給料をもらいましょう。

そうでなければ仕事ではなくボランティアになってしまいます。

 

人の入れ替わりが激しく離職率が高い

ブラック企業の特徴として、離職率が高いことが挙げられます。

ご参考まで、3年離職率の平均は高卒で「39%」、大卒で「32%」となっています。

社員の満足度が高い企業は、社員はそう簡単に会社を辞めません。

人の入れ替わりが激しいということは、社員の満足度が低い、すなわちブラックな要素が多いということです。

参考:マイナビニュース(https://www.google.co.jp/amp/s/news.mynavi.jp/article/20181024-712660:amp/)

ハラスメントが横行している

セクハラ、パワハラ、アルハラ、モラハラ、マタハラ…など、ハラスメントの種類は様々なものがあります。

ブラック企業ではハラスメントが横行していることが多いですが、簡単に言えば不快に感じる機会が多いということです。

ハラスメントは受けている側が我慢しているとなかなか無くなりません。

迷わず会社のコンプライアンス窓口などに相談してみましょう。

コンプライアンス窓口も信頼できない場合、そんなブラック企業とはサヨナラすべきです。

 

ストレスによる身体への悪影響

 

エン太

最近ずっとお腹の調子が悪いし、たまにめまいもするなぁ。
ストレスが原因かもしれません!以下の事項に当てはまる場合、ストレスが身体に悪影響を与えている可能性が高いです。

ジニ男

 

頭痛やめまいが日常的に起こる

ストレスが身体にかかり続けると、定常的に頭痛が生じ、酷くなるとめまいが起きることがあります。

めまいが連続的に起きる場合には、一度病院を受診することをおすすめします。

ストレスにより、身体に負荷がかかっている可能性が高いです。

 

お腹の調子が悪くなる

ストレスの影響が腸に出る方もいます。

私自身もこのタイプでして、酷い時には便に血が混じり入院したこともありました。

出血するということは、内臓のどこかが確実に悪いということです。

その場合は即病院で診てもらいましょう。

 

体重の激増・激減

体重が大きく増減する人もいます。

ストレスから暴飲暴食する人、全然食べられなくなる人など様々なパターンがありますので、自分の傾向を知ることが大切です。

それにより、体重をこまめに計ることで、自分にかかっているストレスの目安を知ることができます。

 

ひどい肌荒れや口内炎

肌荒れや口内炎はストレスのサインです。

長く続く場合には、身体に大きなストレスがかかっている可能性があります。

ビタミンB2を摂取するなどの対策もありますが、ストレスを緩和することができれば自然と症状も和らぐでしょう。

 

常に憂鬱な気持ちになる

目に見えない心の変化にも着目しましょう。

心身ともに健康であることが重要で、体が元気でも心が付いていかないことがあります。

常に憂鬱であり、心が晴れるような気持ちに全くならないという人は、ストレス緩和の策を考えましょう。

その状態が長く続くと、うつ病などになってしまうかもしれません。

 

ストレスへの7つの対処方法

 

ここでは、ストレスを軽減するための7つの方法について紹介します!

ジニ男

 

運動してリフレッシュする

運動して汗を流すことはストレス解消の効果があります。

もし好きなスポーツなどがあれば、週1回でいいので行うことでストレスが大きく軽減されます。

特段好きなスポーツがなくても、ちょっとしたウォーキングなどで構いません。

ぜひ体を動かす機会をつくりましょう。

 

話しやすい人に愚痴を吐き出す

不満や愚痴があれば、一人で抱え込まずなるべく吐き出す意識を持ちましょう。

一番話しやすい人に、悩みなどを率直に話してみることはストレス緩和につながります。

その際は一番話しやすい相手、かつ言ったことをそのまま素直に聞いてくれる人がいいですね。

話すことで、自分だけで抱え込むより体がずっと軽くなるはずです。

 

1人旅行など1人で考える時間を作る

1人で温泉旅館などに行き、1人で考える時間を作ることはおすすめです。

その際はテレビやスマホなどは手放し、世の中の情報から極力離れましょう。

「本当に自分の好きなことは何なのか」「何のために生きているのか」といったこと集中して考えることで、思考を整理することができ、ストレス解消につながります。

 

読書・映画などで感動する

好きな読書・映画などを観ることはストレス解消になります。

特に、感動して「涙を流すこと」はストレス解消に大きな効果があります。

内容は感動ものに限るわけではないですが、本を読んだり映画を観たりすることで感情が動く体験をすると、ストレス軽減につながるでしょう。

 

頑張る思考をやめる

頑張り屋の人ほどストレスを抱え込みがちです。

ストレスが辛いときは頑張る思考をやめ、「ほどほどに生きる感覚」が大切です。

必要以上に頑張らなくても、人間死ぬわけではありません。

「頑張らない、周りと比較せずマイペースに生きること」がストレスを溜めないコツです。

 

笑顔をつくる・上を向く

笑顔をつくる、物理的に上を向くことで、自然と人間はポジティブ思考になりやすくなります。

笑顔をつくるといっても大笑いする必要はありません。

少し口角を上げる、少し顔を上に向けるくらいで構いません。

ストレスで辛いときほど笑顔をつくり、上を向く意識を持ちましょう。

 

環境を変える

どうしてもストレスが辛い場合には、自ら環境を変えることが必要です。

待っていてもなかなか周囲の環境は好転しないことも多いです。

そのような時は、例えば社会人の場合は「転職」など環境を変える一歩を踏み出しましょう。

自分自身の人生です。辛い環境の中で頑張り続ける必要はありません。