理系で最高峰の資格は?難易度ランキングや取得するメリットを紹介

 

エン太

ジニ男さん、理系で最高峰の資格ってズバリなんですか?
「最高峰」の定義にもよるけど、取得難易度が高い資格について紹介するね!

ジニ男

 

理系で最高峰の資格は「定義」による

 

理系の最高峰の資格は「その人の専門分野」や「何を持って最高峰とするか」によって異なってきます。

そのような定義付けすることなく「とにかく医師が最高峰だ!」という感じで論じているサイトも多く見受けられます。

理系で最高峰の資格は一概には言えませんが、以下のような条件に当てはまる資格は最高峰と呼ばれることが多いです。

 

最高峰の資格の条件

  • 試験の合格率が低い
  • 受験するための条件が厳しい
  • 高年収の職業に就ける

 

例えば、理系の最高峰として「医師」が思いつく人が多いかと思いますが、上記条件の「受験するための条件が厳しい」「高年収の職業に就ける」という2点に当てはまるからです。

理系で高年収を狙える職業については、以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

理系は儲かる?高年収の職業やおすすめの資格を紹介します

 

医師免許の受験資格として医学部卒業が必要ですが、医学部に入るためにはハイレベルの受験戦争を勝ち抜く必要がありますし、学費の高さから入りたくても入れない人もいます。

一方で、試験の難易度を「合格のしにくさ」で考えるとすれば、医師免許より合格率が低い資格は多くあります。

そもそも医師国家試験は合格率が低いという訳ではありませんので、試験難易度で考えると最高峰は別の資格になります。

 

理系の資格難易度ランキング

 

ここでは、理系の資格難易度ランキングの上位資格について紹介します!

ジニ男

 

管理人が考える理系資格の難易度上位は以下の通りです。


理系の資格難易度

難易度 資格名
ランクS S(最難関) 医師免許、弁理士
ランクS(難関) 技術士、一級建築士、ITストラテジスト

 

医師免許

医師国家試験の合格率は90%前後です。

そのため、医師免許が難しいポイントは試験ではありません。

そこにたどり着くまでの道のりです。

医師国家試験を受験するためには、医学部に6年間通う必要があります。

入学すること自体が難しいですし、学費も他学部と比べて高額です。

また、入学したあとも様々な科目を勉強し、実技や実習も多数こなす必要があります。

留年が珍しくないハードな学部で、入学後も相当な勉強量を覚悟しましょう。

 

弁理士

2018年度の弁理士試験の合格率は「7.2%」です。

100人受けて7人しか受からないほどの超高難易度の試験となっています。

参考:特許庁(https://www.jpo.go.jp/news/benrishi/index.html)

この試験自体の難しさは、理系の資格における最高峰と言えると思います。

法令的な知識が必須の資格であり、理系のみならず文系の人も受験する資格となっています。

 

技術士

技術士は、様々な部門の中から自分の専門分野を選んで受験します。

部門によって試験の合格率に差はありますが、2018年度の技術士試験全体の合格率は9.1%となっています。

参考:日本技術士会(https://www.engineer.or.jp/c_topics/001/attached/attach_1013_2.pdf)

受験のためには一次試験を合格したあと一定の実務経験が必要であったり、出身大学や学部学科によっても異なったりと、受験資格にも条件があります。

中でも「総合技術管理部門」は合格率6.4%と、最高難易度の理系資格の1つと言えるでしょう。

 

一級建築士

建築を志す方の最高峰の資格です。

建築関係の業務にあたる際、一級建築士を取ることが当たり前という企業もあります。

2018年度の一級建築士試験の合格率は12.5%でした。

参考:建築技術教育普及センター(https://www.jaeic.or.jp/smph/shiken/1k/1k-data.html)

一級建築士の試験は、学科試験と設計製図の試験があり、特に学科試験の合格率が低くなっています。

一級建築士を取るために、多額の学費を払い塾に通う人も多くいます。

 

ITストラテジスト

IT系の資格は難易度別に多種にわたり「ITパスポート」といった入門編の資格から受けることが可能です。

その多種にわたるIT系資格の中で、最難関と言われるのがITストラテジスト試験です。

企業経営まで精通するITの専門家としての技量を示す資格であり、2018年度の合格率は14.3%でした。

参考:情報処理推進機構(https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html)

その他、システム監査技術者なども情報系の難関資格として有名です。

 

資格を取得する3つのメリット

 

資格を取得するのは大変ですが、その分様々なメリットが得られます!

ジニ男

 

ここでは、資格を取得することで得られるメリットについて、代表的な3つを紹介します。

 

資格取得のメリット

  • 資格取得という目標によって勉強する
  • 昇進に有利
  • 転職に有利

資格取得という目標によって勉強する

社会人になると日々の仕事に追われ、なかなか自分で勉強しなくなってしまいます。

しかし、勉強は学生のうちで終わり、という訳では決してありません。

仕事で活躍している人は、少なからず自分の時間を使って勉強しています。

仕事の中だけで、必要な知識を全て得ることは難しいです。

そのため、資格取得という目標を作ることによって、勉強せざるを得ない状態に自分を追い込むというのは良い方法です。

 

昇進に有利

資格を持っていると、その知識を有しているということが非常に分かりやすくアピールできます。

仕事の中だけで、知識や実力を認めてもらうのがなかなか難しいときありますよね。

その分、資格は「持っている or 持っていない」なので、とても分かりやすいです。

また、ほとんどの会社では人事情報として、各人の所有する資格を管理しています。

仕事上の能力が同等の場合、資格を持っていないより持っている人の方が昇進において優遇される可能性が高いです。

 

転職に有利

昇進と同様に、いやそれ以上に転職市場において資格の保有は価値があります。

企業が転職市場における人材を見る際、資格の欄はほぼ確実に見ます。

新卒枠と違い、基本的に企業は転職者に対し即戦力を求めます。

そのため、自分の企業に関係する資格を保有する人物に関しては率先して企業側から接触しようとするでしょう。

逆に、資格を持っているのに社内で評価されない場合は、転職によって今より良い条件で働ける可能性があります。

 

就職・転職で成功したい人へ

 

私は大手企業で採用担当をし、理系の学生や転職希望者を中心に多くの方と面談してきました。
その経験から、新卒・中途採用の方向けにアドバイスします。

ジニ男

 

私が考える就職・転職がうまくいく人、いかない人の差は「持っている情報量の差」、大事なのはその1点です。

私自身の就活を思い出すとWEBサイトや先輩からの情報収集など、あらゆる手段を使って情報収集しました。

その結果、周りの一歩先を行くことができ、第一志望の会社に合格。

私を評価してくれていた複数の企業をこちらから辞退を申し出る結果となりました。

あなたがもし成功したいなら、とにかく周りの人より多くの情報を取って、他の人より有利な状態で戦うのです。

 

以下で新卒・中途の方に分けて、情報を得るために利用した方がいいサイトを紹介します。

就活・転職は情報戦です、勝ちたいなら必ず利用してください。

 

新卒採用向けアドバイス

新卒採用の方向けにサイトを紹介します。

中途採用の方は読む時間が無駄ですので以下をクリックして飛ばしてください。

中途採用向けアドバイスに飛ぶ>>

 

新卒採用の方は就職サイトに登録して、とにかくたくさんの情報を収集しましょう。

とりあえず、リクナビとマイナビは登録してありますよね?

登録していないなら他の人より一歩遅れています、まず登録しましょう。

 

ただ理系の方にはもう一つ登録した方がいい就職サイトがあります。

「理系ナビ」という就職サイトをご存知でしょうか。

その名の通り、理系人材に特化した就職サイトです。

理系ナビを利用するメリットは以下の通り。

 

理系ナビの特徴
  • 理系の専門性を活かせる仕事・会社を幅広く知ることができる
  • インターンシップやセミナーの情報をいち早く得られる

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

また、もう一つあなたが知っておくべき情報があります。

それは、あなた自身の情報です。

あなたは、あなた自身のことをきちんと理解していますか?

私の時代は自己分析は本を買って行うのが主流でした。

しかし、今は自己分析をインターネットサイト上で行うことができます。

OfferBox(オファーボックス)というサイトに登録すると、無料の適性診断AnalyzeU+を使うことができます。

AnalyzeU+を利用するメリットは以下の通り。

 

MEMO
  • 問題数が多いため、診断結果の信頼性が非常に高い
  • 診断結果に合った企業からオファーが来るため、自分に合った業界が分かる

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

中途採用向けアドバイス

中途採用の方向けにサイトを紹介します。

新卒採用の方は前述の新卒採用向けを見てくださいね。

<<新卒採用向けアドバイスに戻る

 

中途採用の方は転職エージェントを利用するのが最も手っ取り早いです。

中途採用では今の仕事で十分に時間が取れない中、自力での情報収集には限界があります。

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

 

転職エージェントに登録するメリット

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる


以下で、理系特化の転職エージェントと一般向けの転職エージェントを紹介します。

まず理系の方は、少なくとも理系特化の転職エージェントは利用すべきです。

理系特化の転職エージェントはまず「レバテックキャリア」を利用しましょう。

特徴は以下の通り。

 

レバテックキャリアの特徴
  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い


登録は以下の公式サイトから可能です。

 

また、理系特化の転職エージェントの選び方は、以下の記事で詳しく紹介しています。

【最新版】おすすめの転職エージェントランキング【エンジニア向け】

 

また、理系だけでなく全般的な情報を知りたいなら一般向け転職エージェント「マイナビエージェント」を利用しましょう。

特徴は以下の通り。

マイナビエージェントの特徴
  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ


登録は以下の公式サイトから可能です。