【理系の転職は難しい】その理由と成功させるためのコツを紹介します

 

こんにちは!大手企業で理系の採用担当をしていたジニ男です。

ジニ男

 

転職は理系より文系の方が有利だと聞いたことはありますか?

果たして本当にそうなのでしょうか。

結論から言うと、私はそうは思っていません。

理系であれ文系であれ、そこに有利不利の差は無いと思います。

ただ、たしかに理系には理系ならではの転職におけるコツはあると思います。

この記事では、理系の転職は難しいと言われる理由や、理系の転職を成功させるコツについて紹介します!

 

「理系の転職は難しい」には3つの理由がある

 

エン太

ジニ男さん、理系の転職は難しいという意見をよく耳にするのですが、あれって本当なんですか?
それはあくまでも理系の特徴を断片的にとらえた意見だと思うよ。その意見の背景にある理由をしっかり理解しましょう!

ジニ男

 

理系の転職は難しいという意見には、主に以下の3つのような理由があります。

 

「理系の転職は難しい」の3つの理由

  • 専門特化のスキルになりがち
  • 新しい人間関係を好まない傾向
  • 理系の転職情報が少ない傾向

 

専門特化のスキルになりがち

理系の人は専門性の高い仕事をすることが多いため、身につくスキルも専門特化したものになりがちです。

そのため、次にやりたいことを見つけた際、今まで身につけてきたスキルが役に立たないことがあります。

転職市場は育成経費のかからない即戦力を求めている企業が多いです。

そのような企業にとっては、専門性が合致しないとなかなか採用しにくいかもしれません。

 

新しい人間関係を好まない傾向

理系の人の中には、コミュニケーションをとることが苦手な方もいます。

あくまでも傾向的な話ですが、文系の人の方がコミュニケーションが得意な人が多いですね。

そのため、理系の人ですでに作られた人間関係の中で過ごすことが心地よく、新しい人間関係を好まない人もいます。

そのような人にとっては転職というのはハードルが高く、なかなか動き出しにくいものです。

 

理系の転職情報が少ない傾向

理系の転職は難しいという意見の人は、理系の転職情報が少ないと思っている人がいます。

たしかに、自らの人脈を活かし情報収集するには、それぞれ専門分野が異なりますのでかなり難しくなるでしょう。

ただ、最近は理系やエンジニアに特化した転職エージェントや転職サイトも増えてきました。

そのため、自力で人脈などを活用して情報収集する必要はなく、今は無料で頼れる「仕組み」が存在しています。

 

転職を成功させるコツは「プロを利用する」こと

 

ここまで、理系の転職は難しいと言われる理由について紹介してきました。

しかし、前述のとおり、今は無料で頼ることができる仕組みがあります。

それは、転職エージェントを活用して、無料でプロが所有する情報を入手することです。

転職を成功させるコツは、とにかく事前にたくさんの情報を得ることです。

本音を言えば、興味のある企業に一回試しに勤めてみて、その上で決められればいいのですがそうはいきません。

そのため、転職のプロが持っている情報を転職エージェントを活用して提供してもらうのです。

 

以下は、本サイトがおすすめする転職エージェントになります。

今はエンジニアや理系に特化した転職エージェントもありますので、ぜひ登録をしてみてください。

 

【理系向けおすすめ転職エージェント】

【一般向けおすすめ転職エージェント】

 

元採用担当者から見た採用したくなる理系人材の特徴

 

転職は「自分自身」という商品の売り込みです。そのため、転職市場でら求められる人物像をしっかり理解してそれに近づく努力も大切になります。

ジニ男

 

私は大手企業で理系の採用担当をしていました。

その経験から、私の考える「企業が求める理系人材の特徴」を紹介します。

 

採用したくなる理系人材の特徴

  • 得意分野を熱く理論的に語れる
  • 一定のコミュニケーション能力がある
  • 自己研鑽を継続的に実施している

 

得意分野を熱く理論的に語れる

理系は何かしらの専門分野を持っています。

そのため、その得意分野を熱量を持って、かつ理論的に語れることが大事になります。

専門の分野で一生懸命働いてきた人であれば、自分の得意分野を話すことは簡単なはずです。

逆に、聞かれた時になかなか言葉が出てこないようであれば専門性が薄いと捉えられてしまい、「これまでちゃんと働いてきたのか?」と疑いの目を向けられてしまうかもしれません。

 

一定のコミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力はどうしても必要になります。

理系であれ、最低限のコミュニケーション能力は求められるでしょう。

しかし、文系の人よりは若干ハードルが低い傾向があります。

もし面接などに苦手意識を持っているようであれば、とにかく想定問答を準備しまくるのです。

例えば、同じ質問に対して3つの回答パターンを作り、「他にありますか?」という質問にも対応できるようにするなど、対策はいくらでも取ることができます。

面接対策については転職エージェントの担当者に相談してみるのもいいですね!

 

自己研鑽を継続的に実施している

理系の業界、例えばエンジニアなどは技術の発展が著しく、自主的に勉強しないとすぐに置いてかれてしまいます。

そのため、自己研鑽を継続的に実施しているかどうかは、採用側から見ると大きなポイントとなります。

わかりやすいアピールとしては「保有資格」があります。

資格を持っているのであれば、少なからず自主的に勉強していますからね。

ただ、資格を取ったのがだいぶ前であり、最近は何も取得していないとなると印象は悪くなるかもしれません。(取得年月まで求められる場合)

 

転職を成功させるには自己を磨きつつ他力も活用すること!

 

転職を成功させるには、自分自身という商品の価値を高めつつ、転職エージェントなど他の力も利用することが大事です。

ジニ男

 

「理系の転職は難しい」という意見に惑わされ一歩を踏み出せないという人は非常に時間がもったいないです。

今の時代、転職はそこまでハードルが高いことではありません。

動きながら考えるくらいの感覚で大丈夫です。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

転職エージェントに登録するメリット

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「面接の対策方法など」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!