【理系のおすすめ職業】あなたに適した仕事や企業の探し方とは?

 

エン太

ジニ男さん、理系でおすすめの職業ってありますか?
おすすめの職業を教える前に、エン太くんが大事にしている「軸」を整理しよう!

ジニ男

 

あなたは他人に「おすすめの職業は〇〇です」と言われて「よし、〇〇に就こう!」となりますか?

そう簡単には本気で思わないですよね?

あなたへ職業や仕事を紹介する方も、あなたの考え方や思いを知らないとそう簡単におすすめできないはずです。

この記事では、理系のあなたに合う「職業の探し方」を紹介します!

 

理系でおすすめの職業はあなたの軸次第

 

自分に合った職業を探すにあたり、まずは業界や職業を見ないでください。

最初にやるべきことは「自分が生きていく上で大事にしたいことは何か」をきちんと整理することです。

あなたの人生の軸を定めるということです。

これはあまり難しく考える必要はありません。

例えば「たくさんお金を稼いでお金持ちになりたい」とか「早く帰ってプライベートを充実させたい」とか何でもいいです。

あなたにとって「これは譲れない」という、生きていく上での軸は明確になっていますか?

この頭の整理がきちんとできているかいないかで、あなたに合った職業に巡り会える確率が大きく異なってきます。

 

大切にしたい「軸」ごとのおすすめの職業

 

あなたの軸は明確になっていますか?ここでは、代表的な3つの軸に対して「理系でおすすめの職業」を紹介します!

ジニ男

 

代表的な3つの軸

  • 給料・年収
  • プライベートの充実
  • 仕事へのやりがい

 

給料・年収

仕事をする上でお金は大事です。

自分が働いた分の対価をしっかりもらえることは、仕事する上でのモチベーションにつながります。

「お金がもらえる仕事・儲かる職業に就きたい」という人は、非常にしっかりした軸を持っていると言えます。

高年収の職業として、理系の代表格は「医師」です。

勤務医で年収1,500万円、開業医ですと年収2,000万円を超えてきます。

その他、弁理士や一級建築士などの「士業」は高年収が狙えます。

また、大学教員も理系で高年収の職業として有名ですね。

すでに働いている方で、これから資格を取ることが難しい職業もありますので、以下の記事もぜひご覧ください!

理系は儲かる?高年収の職業やおすすめの資格を紹介します

 

プライベートの充実

仕事に人生の軸を置かず、プライベートを優先させるという生き方もあります。

その場合は、理系でもなるべく楽で、定時に帰れるような職業を探しましょう。

例えば、メーカー業界でもBtoCメーカーよりBtoBメーカーの方が残業が少な目であったり、空運業界が残業が少ないことで有名であったりします。

以下の記事もぜひ参考にご覧いただければ幸いです。

理系で楽な仕事はある?探し方やメリットを紹介します

 

仕事のやりがい

何を軸に仕事や職業を選ぶかは人それぞれであり、他人に決められるものではありません。

ただ、私が参考まで言わせてもらうとしたら仕事のやりがい」を軸に職業探しをするべきです。

なんだかんだ言って、仕事で会社にいる時間は長いです。

9時出社で17時退社だとしても、会社にいる時間は1日8時間です。

土日祝休みの企業で、例えば年間240日出勤すると、年間で1,920時間会社にいます。

1,920時間÷24時間=80日ですよ!

年間80日間も丸々会社にいるのに、その時間でやっていることにやりがいを感じないと、人生の時間がもったいないです。

理系でやりがいを感じる仕事については、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【理系の仕事は楽しい】やりがいを感じる業界や職種を紹介!

 

自分の仕事で人が喜ぶ姿が目に見える、または自分の作ったものが形に残る仕事がおすすめです!

 

あなたの軸に合った仕事を探そう!

 

もし、あなたが今よりもっと自分に合った仕事をしたいと思うのであれば、転職を検討するのが最も手っ取り早いです。

この世の中には、あなたの知らない会社や仕事がたくさんあります。

 

転職を成功させるのはとても簡単で、あなたに合った転職エージェントを利用して無料のサポートを受けることです。

【最新版】おすすめの転職エージェントランキング【エンジニア向け】

転職エージェントの選び方は、上記記事にて解説しています。

 

転職エージェントとは
  • 専門家があなたに合った求人案件を紹介
  • 利用料は無料
  • 履歴書や面接対策などサポートしてくれる

 

正直、無数にある求人案件から自分が求める案件を自力で見つけるのは無理です。

本当に転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのが手っ取り早いというのは間違いありません。