エンジニアはやめとけ?やめた方がいいパターンと成功するパターン

 

こんにちは!大手東証一部上場企業で理系の採用担当経験者、ジニ男です。

ジニ男

 

エンジニアになりたいと思っているけど、「エンジニアになるのはやめとけ!」という意見が気になっている人いませんか?

この記事ではそんな方へ向けて、エンジニアはやめた方がいいという意見の理由や、エンジニアとして成功する・失敗するパターンについて紹介します!

 

「エンジニアはやめとけ」という意見には3つの理由がある

 

エン太

ジニ男さん、わたしエンジニアになりたいと思うのですが、エンジニアはやめた方がいいという意見を多く聞きます…
エンジニアはやめた方がいいという人はそれぞれ理由を持っています。その理由を把握した上で、自分はやめた方がいいのかどうか判断しましょう!

ジニ男

 

あなたはそもそも「エンジニアとは何か」説明できますでしょうか。

TECH CAMPさんのブログを参考にすると、エンジニアとは「工学の分野で専門的な技術を持つ技術者全般」と定義されます。
参考:TECH CAMP(https://tech-camp.in/note/careerchange/9479/#i

エンジニアは「技術者全般」を示す言葉ですが、近年ではその中でもITやWEB系の専門知識・技術を持つ「ITエンジニア」を指して使用されることが多いでしょう。

 

「エンジニアはやめとけ」という意見には主に3つの理由があります。

エンジニアに興味があるという人は、まずは以下の3つの理由についてしっかりと認識をしましょう。

 

エンジニアはやめた方がいい3つの理由

  • 常に勉強し続ける必要がある
  • 長時間勤務が多くなる傾向がある
  • 理系職種なのに人間関係が濃い

 

常に勉強し続ける必要がある

エンジニアは「専門分野における技術を保有している」と定義づけられていますので、最新の知識を常にアップデートする必要があります。(そうでないと、名ばかりのエンジニアになってしまいます)

そのため、自己勉強が必須であり、それに時間がかかって辛いと感じることから「やめとけ」という意見につながっています。

ただ、どのような分野においても自己勉強は必要になるのは変わらないですけどね!

 

長時間勤務が多くなる傾向がある

エンジニアは、保有する技術力に期待したクライアントから発注を受ける「受注側」にまわることが多いです。

そのため、納期が付いてまわることが多く、納期直前には残業が必須となり、長時間勤務につながってしまいます。

特に、IT系のエンジニアの業界で遅い時間まで残業することが当たり前の会社があるため(全てそうではありません)、そのことを知っている人からは「やめとけ」という意見が出やすいでしょう。

 

理系職種なのに人間関係が濃い

エンジニアは理系職種のため、理系出身の方が多いです。

文理の分けで偏見を持つことはよくないとは思いますが、理系の人の方がコミュニケーションに苦手意識を持っていることが多いです。

しかし、エンジニアの中には人間関係が濃い職種もあり、コミュニケーションをあまり取りたくない人にとっては苦痛に感じてしまいます。

例えば、システムエンジニア(SE)だとクライアントの要求を的確にとらえ、時にはいきなり変わるクライアントの要望に応えていく必要があり、密なコミュニケーションは必須です。

またプロジェクトを進めていくうえで、社内チーム内でのコミュニケーションも円滑に取る能力が必要とされます。

 

エンジニアとして成功する人・失敗する人とは

 

それでは、エンジニアとして成功する人、失敗する人とはどのような人でしょうか。

ジニ男

 

「エンジニアはやめとけ」という意見を言う人の理由について、以下の3つを挙げました。

  • 常に勉強し続ける必要がある
  • 長時間勤務が多くなる傾向がある
  • 理系職種なのに人間関係が濃い

あなたはこの3つを見て、どのように感じましたか?

「別に大したことないじゃん」と感じた場合、あなたはエンジニアに向いています。

「え、たしかにやめた方がよさそう…」と感じた場合、あなたはエンジニアに向いていない可能性が高いです。

あなたは「やめた方がいいパターン」と「成功するパターン」のどちらに当てはまりそうですか?

 

まずやってみるということも大事

 

考えて調べ続けているとなかなか前に進むことができません。何事もまずやってみるということも大事です。

ジニ男

 

エンジニアに向いている・向いていないという適性も大事ですが、あなたがエンジニアに興味を持っているということもとても大事です。

あなたがエンジニアに興味を持っているのであれば、まずやってみるという方法をおすすめします。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

ただ、情報収集するには自力でやるのには限界があります。

ここでは、転職エージェントと転職サイトを活用した方法を紹介します。

以下で述べる方法は、私の経験から最もおすすめする方法です。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「企業が求めるエンジニア像」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!