【工学部で後悔】仕事選びにおける3つのデメリットを紹介します!

 

こんにちは! 大手東証一部上場企業の人事部経験者のジニ男です。

ジニ男

 

この記事を読んでいただいている工学部のあなた、もしかしたら工学部であるということで仕事選びの際に損をしているかもしれません。

この記事では、「工学部であることを後悔する理由」について紹介します!

 

工学部で後悔!仕事選びの際にデメリットがある

 

エン太

ジニ男さん、わたし工学部出身なんですけど、工学部って最強ですよね!
(何をもって最強なのか…)工学部出身はデメリットも多いと思うよ。

ジニ男

エン太

ええっ!どんなデメリットがあると言うんですか?

 

本当に興味が無ければ工学部はコスパが低い

工学部は本当に興味がある分野があり、1つの分野をアカデミックに追究したいという人が行くべきです。

そうでなければ、例えば経済学部で経済に関する勉強をするなど、工学部より汎用的な知識を得られる学部はあります。

さらに、工学部など理系の学部は文系の学部と比較して、実験の授業があるなどの理由で学費が高い傾向があります。

そのため、特に興味がある分野がある訳ではないけど何となく工学部に行くのであれば、何となくの知識しか身につけることができず、コスパは非常に低くなります。

 

仕事選びにおける工学部の3つのデメリット

 

ここで、仕事選びにおける工学部出身であることの3つのデメリットについて紹介します!

ジニ男

 

工学部出身であることの3つのデメリット

  • 院卒で修士号持ちが前提とされる
  • 専門知識を持っている前提で見られる
  • 企業から見て人材としての汎用性は低い

 

院卒で修士号持ちが前提とされる

工学部など理系学部の出身者は、採用側からすると院卒で修士号持ちであることが前提として見られたりします。

そのため、就職や転職活動の際には、工学部なのに学部卒であると不利に働く可能性はあります。

工学部に行くのであれば修士号まで取ることを見据えて、6年間通うことも考えておいだ方がいいでしょう。

ただし、工学部に大学院まで含めて6年間通うと、特に私立の場合は多額の学費がかかります。

 

専門知識を持っている前提で見られる

工学部出身だと、何かしらの専門知識を持っている前提で見られます。

たしかに、大学院まで行ってアカデミックな研究をみっちりやると、それなりに専門知識はつきます。

ただ、理系の学部は主に学部4年生から研究室に入りますので、学部で卒業してしまうとアカデミックな研究をするのはたったの1年間です。

大学にもよりますが、学部1〜3年生の間は一般的な知識学習になりますので、単位を取ることだけを目指すのであればいくらでも手を抜くことができます。

その結果、工学部出身なのに専門知識が無いと、低い評価を受けてしまう可能性があります。

 

企業から見て人材としての汎用性は低い

採用する企業側からすると、工学部出身者は扱いにくいという場合もあります。

例えばメーカーなどで、その企業が必要としている専門知識を工学部で勉強してきた人がいたら、その場合は活躍の場は多くあるでしょう。

しかし、工学部で勉強したことがそのまま会社の中で活かされる、直結するというパターンは非常に少ないです。

そのため、企業側からすると「うちの会社ではあなたの専門性を活かせないかも」と考え、もっと汎用性のある人材を探すかもしれません。

 

工学部なら専門知識を活かした仕事をするのが良い

 

工学部出身なら、勉強してきた専門知識を活かした仕事をするのがベストです。

ジニ男

 

専門知識を活かした仕事に就く、というより工学部に入る前にしっかりと自分の興味のある分野を探し、将来の仕事もイメージした上で工学部に入った方がいいです。

ただ、高校生のうちからそこまで考えられている人は少なく、結局工学部に入ったことを後悔してしまう人も多くいます。

 

ただ1度きりの人生、新しい世界に飛び込むのもあり

これから大学に入るという人は、工学部に入る前に自分の興味のある分野をしっかりと自己分析しましょう。

ただ、すでに工学部出身であることを後悔している人は、逆にそのことに縛られない方がいいです。

1度きりの人生です。「工学部だから」と自ら道を絞らず、全く新しい世界にも目を向けて転職を検討してみるのも1つの手です。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「工学部で得た専門知識は活かせるのか」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通りです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!