【工学部の学部卒】現役の採用担当から見るメリット・デメリットとは

 

こんにちは!大手の東証一部上場企業で理系の採用担当をしているジニ男と申します!

ジニ男

 

工学部を学部卒で卒業すると、その後の就職や転職に不利になってしまうのでしょうか?

大学院に行くと学費もかかり、選択に悩む人も多いかと思います。

この記事では、工学部を学部で卒業した場合のメリット・デメリットについて、採用担当者から見た目線でお伝えします!

 

工学部の学部卒は院卒と比べて不利じゃない!

 

工学部の学部卒は院卒と比べて不利ではないと、私は考えています。

もちろん初任給など、内容によっては差が出る部分もあります。

ただ、総合的に見て、学部卒がダメだと一概には言えません。

私が採用担当として思うのは、学部卒でも優秀な人は本当に多く、入社してからも院卒より活躍している姿をたくさん見ています。

 

学部卒と院卒を明確に分けていない企業が多い

 

そもそも採用にあたり、学部卒は〇〇人、院卒は△△人など明確に分けている企業は少ないかと思います。

理系・文系を分けている企業はありますが、学部卒と院卒で分けている企業は少なく、優秀な人であればどちらでもいいというのが採用担当の本音です。

そのため、学部卒やら院卒やら背番号を気にするのではなく、自分自身の持つ能力を磨いたりアピールしたりする方がよっぽど有益だと思います。

 

工学部で学部卒のメリット

 

私が考える、学部卒であるメリットは以下の3点です!

ジニ男

 

工学部で学部卒のメリット

  • 院卒より早く企業で経験を積める
  • 院卒より専門知識を求められにくい
  • 今後の伸びしろ採用されやすい

 

院卒より早く企業で経験を積める

院卒より早く企業で経験を積めるため、早く成長することができます。

大学院でアカデミックな研究に取り組むのもいいのですが、それよりも社会人として実践の仕事の中で修行していく方が成長は早いです。

あなたの周りにも、高卒で社会人として働いている人が、自分より全然しっかりしていると感じたことはありませんか?

 

院卒より専門知識を求められにくい

院卒は研究室でアカデミックな研究を経験してきている、というイメージが強く、面接のときも専門的な知識を問われます。

一方で、学部卒はそもそも専門知識がなくてもある程度仕方ない、という風に見られることが多く、院卒よりハードルが低い点があります。

そのため、面接のときの専門知識に関する質問が、院卒と比べ若干やさしくなりやすいと感じています。

 

今後の伸びしろ採用されやすい

専門知識が求められにくいという点に関連しますが、学部卒は今後の伸びしろを評価されて採用されることが院卒より多いです。

専門知識が少なくてもいいという前提に加え「院卒より若い」というメリットが大きいです。

そのため、面接などで少し気になる点があったとしても「会社に入ってから鍛えればいい」という、伸びしろに期待して採用されることもあります。

 

工学部で学部卒のデメリット

 

私が考える、学部卒であるデメリットは以下の3点です。

ジニ男

 

工学部で学部卒のデメリット

  • 専門知識が身につきにくい
  • 院卒より初任給が低い
  • 同期が年上になりやすい

 

専門知識が身につきにくい

専門知識が身につきにくいというのも正直なところです。

学部卒だと、研究室に所属する期間も1年程度だと思いますので、修士で計3年間研究に取り組む院卒と比べ、研究をかじった程度になってしまいがちです。

部内の普通の授業では一般的な学力は身につきますが、実践的な専門知識は身につきにくいです。

 

院卒より初任給が低い

学部卒は院卒より初任給が低く設定されていることが多いです。

そのため、入社早々は手取りが少なくて、場合によっては少し生活が苦しいかもしれません。

ただ、その分学部卒だと院卒より年齢が若いです。

数年後には、院卒の初任給に追いつきますので、生涯収入としては学部卒でも院卒と変わらない、もしくは院卒より多いこともあります。

初任給が低いことは、あまりデメリットと考えにくいと思います。

 

同期が年上になりやすい

理系は院卒が多いので、会社に入社後、同期が年上が多いです。

そのため、最初は少し気を使うことがあるかもしれません。

しかし、そんな気づかいはほんの一時のものです。

会社に入れば「年齢」より「入社年次」をもとに皆考えるため、誰が年下で誰が年上かなんてすぐに忘れ去られます

実際に私も年下の同期がたくさんいますが、全員タメ口ですし、年齢を気にすることは全くありません。

 

1度きりの人生、より良い環境を求めて行動しよう!

 

一度きりの人生です、自分にとってより良い環境を求めて行動しましょう!

ジニ男

 

会社によって、学部卒・院卒の扱いが異なり、場合により学部卒が不利益を被るような企業もあります。

そのような場合、学部卒でももっと活躍でき、労働条件も良い企業は他にもたくさんあります。

今の環境に不満があるのであれば、より良い環境を求めて行動すべきです。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「その企業における学部卒・院卒の差」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!