【SEはきつい】その理由やきつくない職種はあるのか紹介します

 

エン太

ジニ男さん、SEの仕事はきついとよく聞きますが、あれって本当なんですか?
きついと思うかどうかはその人次第のところがあるけど、きついと思われることは多いね!

ジニ男

 

エンジニア関係の仕事をしている方は「SEはきついからやめておいた方がいい!」と聞いたことがありませんか?

ただ、その真偽はよくわからない部分がありますし、僕の知り合いでもSEですが暇そうな人もいます。

そのため一概にきついとは言い切れないですが、きついと言われやすい要素は多い職業だと思います。

 

SEがきついかどうかは本人次第

 

SEだけではないですが、きついかどうかは本人次第だと思います。

そもそも「きつい」といった感覚の話は本人がどう感じるかによりますので、厳しい環境にいてもきついと感じる人もいれば感じない人もいます。

ただ感じ方は本人次第ですが、SEにはきついという印象を与えやすいいくつかの理由があります。

それらの点について、楽しいと思う人はSEに向いていますし、つらいと思う人はSEは避けた方がいいです。

 

また、SEだけでなく「エンジニア全体」の仕事について、大変さや将来性について以下の記事で紹介しています。

ぜひ参考にご覧いただければ幸いです。

エンジニアは大変?その理由や仕事の種類、将来性について紹介

 

SEがきついと言われる3つの理由

 

ここで、SEがきついと言われやすい代表的な3つの理由について紹介します!

ジニ男

 

代表的な3つの理由

  • 納期が厳しい
  • 常に知識のアップデートが必要
  • 高いコミュニケーション能力が必要

 

納期が厳しい

まず、納期の厳しさがSEがきついと言われる理由です。

基本的にプロジェクトの初期に行程を組み、クライアントへいつ納品するか約束します。

そのため、そのゴールに向けてプロジェクトを進めていくのですが、たいてい順調にはいかないです。

クライアントからの追加要望や、当初想定していなかった課題が見つかるなど、行程はどんどん延びていきがちです。

納期が近づくほど残業が増え、そのイメージがSEがきついという印象につながっています。

 

常に知識のアップデートが必要

SEの世界は技術の進歩が早いです。

そのため、1年前の知識が今は全く使えない・時代遅れということがよくあります。

IT・情報系の勉強が好きで、最新の情報を常に取得することが苦にならない人はSEに向いています。

一方、その勉強が苦であり、そもそも勉強する気がない人はSEとして働かない方がいいです。

いつのまにか周りから置いていかれてしまい、使えない社員としてレッテルが貼られてしまうかもしれません。

 

高いコミュニケーション能力が必要

SEは仕事上コミュニケーションをとる機会が非常に多いです。

クライアントとの調整や、プログラマーとのやりとり、外注している場合は下請会社との調整など、人間関係的な調整能力が求められます。

例えば、クライアントの要望がはっきりしないといったことは往々にしてありますので、明確でない点をうまく聞きだす必要があります。

SEは理系的なイメージが強いのでコミュニケーション能力が必要と思わず就職してしまう人もおり、そのような人はすぐに転職してしまいがちです。

 

もしコミュニケーションをとるのが苦手なのにSEとして働いている人は、もっとあなたにあった職業は必ずあります。

以下の記事も参考にしてみてください。

理系で楽な仕事はある?探し方やメリットを紹介します

 

また、今すぐ転職する気はなくても、同じ業界の他社や、他業界の情報を得られる情報にしておくことをおすすめします。

以下は当サイトがおすすめする転職エージェントです。

 

【エンジニア向け転職エージェント】

【一般向けおすすめ転職エージェント】

 

SEの中で比較的きつくない職種

 

SEの中でもその仕事内容によって、比較的きつくない職種もあります。ここでは、以下の2つの職種について紹介します!

ジニ男

 

WEBエンジニア

SIerと比較して、開発がスピーディーに進むので、その点に関してはストレスが少なくて済むことが多いです。

会社によって厳しいところもありますので、全てきつくないとは言えないですが、楽しく働いている人が多い印象です。

また、IT・WEB関係の最新動向に必然的に触れる機会が多くなりますので知識も増え、転職に有利なスキルが身につきやすいでしょう。

 

社内SE

きつくない仕事を求めて社内SEに転職するSEは多いです。

社外向けの仕事と比較して納期が甘かったり、コミュニケーションがとりやすかったりと、楽な傾向があります。

しかし、仕事のやりがいという面でいうと、楽しいと思う機会が少ないかもしれません。

もしやりがいを重視するのであれば、逆にきついと感じてしまう可能性があります。

 

一度きりの人生、より良い環境を追求しよう

 

人生の時間は限られています。自分にとってより良い環境を追い求めてみませんか?

ジニ男

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、何となく時間が過ぎていく毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

SEの仕事がきついと感じるのであれば、今より良い環境を探してみることをおすすめします。

その際、自力調査には限界があるため、以下の方法を試してみてください。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「社員が感じる仕事のきつさ」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!