仕事のお悩み相談

「体調管理も仕事」はパワハラ?上司が部下不在リスクを考えるべき!

更新日:

 

エン太
ジニ男さん、最近体調を崩して休みがちなんですが、上司から「体調管理も仕事だ!」といつも叱られています…
本当に体調不良で休んでいるのにそんなことを言われるとショックだよね。もしかしたらパワハラにあたるかもしれません。
ジニ男

 

「体調管理も仕事」という言葉を一度は聞いたことがありませんか?

僕も身体が強い方ではないので、たまに会社を休むことがありますが「休みの日の体調管理がなっていないんじゃないか?」と言われたことがあります。

本当に体調不良でしたのでとてもショックを受けましたし、今思えばパワハラに近い発言だったと思います。

もし同じような状況の人がいれば、あなたが悪いのではなく上司の発言がおかしいということを認識しましょう。

 

「体調管理も仕事」はパワハラ発言である

 

「体調管理も仕事」という発言はパワハラにあたる可能性があります。

その理由は以下で紹介しますが、体調不良は避けたくてもどうにもならないときがありますよね。

真面目な人ほど体調が悪くても少しぐらい熱があっても、頑張って仕事をしてしまいがちです。

僕もまさにそういうタイプなのですが、体調が悪いときって正直会社に行っても生産性は非常に低いです。

それよりも体調不良を周りに移してしまうリスクの方が高いので、気にせずゆっくり休みましょう。

どうしても周りの目が気になるという人は、以下の記事も参考にご覧いただければと思います。

体調不良で会社を休みすぎ?自分が思うほど周りは気にしていません!

  エン太ジニ男さん、最近自分でもよく分からないのですが、体調不良でどうしても会社を休んでしまいます… まずエン太くんに伝えたいことは、焦る必要は全くありません!ゆっくり体調を治すことに専念 ...

続きを見る

 

「体調管理も仕事」 がパワハラ発言である3つの理由

 

「体調管理も仕事」がパワハラ発言にあたる可能性が高い3つの理由を紹介します!
ジニ男

 

パワハラ発言である3つの理由

  • 有給休暇は労働者の権利である
  • プライベートを制限するなら給料を払うべき
  • 上司は部下の不在リスクを考えているか

 

有給休暇は労働者の権利である

「有給休暇は労働者の権利」であり、会社側は取得自体を拒否することができません。

そのため、有給休暇日数の範囲で休みを取得するのであれば、気にすることなく堂々と休暇を取得すればいいのです。

もし体調不良で急遽休みを取ることになった際、その点に対してグダグダ文句を言われるようなら、会社側が労働者の権利を侵害している可能性があります。

 

プライベートを制限するなら給料を払うべき

「体調を崩すということは、休日をしっかり休んでいないんじゃないか?」ということを言われるかもしれませんが、休日の過ごし方は本人の自由です。

会社や上司が過ごし方を指定できるようなものでは決してありません。

そのためプライベートまで仕事のために制限するのであれば、仕事の準備をしているとみなし給料が支払われるべきと考えることもできます。

無給で「休みの日は出かけず仕事に向けて体調管理しろ」と言われれば、それはパワハラにあたる可能性があります。

 

上司は部下の不在リスクを考えているか

そもそも管理者は、部下が休むリスクを考えてきちんと仕事の管理ができているのでしょうか。

できる管理者は、部下の仕事状況を逐一把握できていますので、突然休んでしまっても対応することが可能です。

部下が休んだとき困る管理者は、普段から部下の仕事を把握できていません。

突然休まれると自分が困るから、突然休むなと言うのです。

体調不良は突然起こるもので不可抗力のことが多いです。

それに備えるのは、管理者の仕事だと思います。

 

「皆勤が美徳」は日本の悪しき文化

 

そもそも、日本においては小学生の頃から「休まない」ことが素晴らしいとして教育されています。

そのため、皆勤が美徳の文化となっています。

ただ、それは日本の悪しき風習だと僕は思います。

海外においては長期間の休暇を取ることが当たり前であり、家庭も大切にする文化のため急遽の休みも取りやすいです。

体調悪くても一生懸命出社するのが素晴らしい、というのはおかしい風習だと思います。

プライベートは家族と過ごしたり趣味に没頭するなど自分のやりたいことをやり、もし体調不良になった場合は仕事は休んでしっかり治しましょう

 

「体調管理も仕事」の会社は世の中の風潮と合っていない

 

「体調管理も仕事のうち」が蔓延している会社は思い切ってサヨナラしてもいいと思います!
ジニ男

 

「体調管理も仕事だ」という風習の会社は、今時の世の中の流れに合っていません。

そのような会社は将来性も低いため、転職も視野に入れた方がいいと思います。

今すぐに転職しろとは言いませんが、情報収集など簡単な第一歩から行動することをおすすめします。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「実際の社風」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリット

  • 実際の社風など、本当に知りたい情報を事前に得ることができる
  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

 

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

 

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

 

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

登録は以下の公式サイトから可能です

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い求人を見てみることをおすすめします!

 

-仕事のお悩み相談

Copyright© エンジニア転職のすすめ 〜仕事がつらい・年収を上げたいあなたへ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.