仕事のお悩み相談

【エンジニア=激務】そのイメージの理由と現状を改善する方法を紹介!

投稿日:

 

Kawa
こんにちは!東証一部上場企業で理系・エンジニアの採用担当をしているKawaと申します!

 

この記事では「エンジニア=激務」というイメージについて、僕なりに考察してみたいと思います。

 

エンジニアが激務かどうかは人による

 

エン太
ジニ男さん、エンジニアってみんな激務で確定ですよね。異論は認めません。
(なんか強気だな…)みんながみんな激務ってのは違うと思うなぁ。
ジニ男

 

僕は「エンジニア=激務」の考え方は誤っていると思います。

エンジニアの中にも様々な職種がありますし、そもそも激務かどうかはその人の感覚にもよります。

遅くまで残業することを激務と感じる人もいますし、多くの人とコミュニケーションをとることを辛いと感じる人もいます。

そのため、激務かどうかは他人が言えるものではないと思っています。

 

人により感じ方が違うので比較は禁物

 

人により感じ方が異なりますので、単純に人と自分を比べることはしない方がいいです。

例えば、自分は残業をしたくないタイプなのに、他人に「夜中まで残業しているけど自分は楽勝だよ!」と言われたら、自分が甘いだけはないかと思ってしまいませんか?

結局、自分自身の持つ感覚は自分にしか分かりません。

そのため、他人の持つ感覚と比較して考えるということはおすすめしません。

 

Kawa
自分が感じる感覚をぜひ大切にしましょう!

 

「エンジニア=激務」のイメージの理由

 

エンジニアは激務と思われやすい理由があります。

主な理由は以下の3点です。

 

エンジニアが激務と思われる理由

  • 人間関係がつらい
  • 納期が厳しい
  • 残業が多い

 

人間関係がつらい

エンジニアは主に理系出身の人が多いですよね。

これはあくまでも傾向ですが、理系出身者は文系と比較しコミュニケーションが苦手な人が多いです。

そのため、コミュニケーションの機会が少ないと思ってエンジニアになった人が、人間関係に苦しむことがあります。

エンジニアは技術職ながらコミュニケーションの機会が多いです。

例えばシステムエンジニアの仕事では、クライアントとコミュニケーションをとって要望を吸い上げ、その要望を持ち帰って今度は自社内で議論をします。

技術職と言いながらコミュニケーションが必要になる場面ばかりですね。

そのため話すことが苦手な人が、苦労してしまうパターンがよくあります。

 

納期が厳しい

エンジニアの仕事は基本的に納期がついてまわります。

そのため、プロジェクトのゴールに向けて、綿密なスケジュールをたてて仕事を進めていきます。

順調に進んでいる間はいいですが、色々な要因でスケジュールから遅れることがあります。

クライアントの要望がコロコロ変わったり、当初想定していなかった課題が見つかったり、うまくいかないことばかり。

そんなときスケジュールの遅れを取り戻すためにはどうすればいいでしょうか。

方法としては2つ、人手を増やすか、1人あたりの働く時間を増やすかです。

1人あたりの仕事の質を上げることができればいいですが…そう簡単にできるものではありません。

 

残業が多い

人手を増やす、仕事の質を上げるはそう簡単にできますか? できないですよね。。

そのため、納期が厳しい仕事はスケジュールの遅れを取り戻すために、どうしても残業が増えていまいがちです。

仕事が好きで、会社にいる時間が好きなら残業が多くても幸せかもしれません。

ただ、この記事を読んでいるあなたは、なるべく残業したくないのではないでしょうか。

その場合、残業を減らすためには環境を変える必要があります。

社内で異動して残業が少ない仕事を狙うか、社内にそのような部署がないなら転職するしかないでしょう。

 

自分に合う環境を徹底的に追求すべき

 

Kawa
一度きりの人生です、自分に合う環境を徹底的に追求した方がいいです!

 

今のあなたの環境より、もっといい環境は必ずあります。

その環境を追い求める努力を諦めないでください。

もちろん環境を変えることはリスクを伴います。

ただ、事前に情報収集してそのリスクを低減させる方法があります。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「社員が感じる仕事のきつさ」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリット

  • 社員が感じる仕事のきつさなど、本当に知りたい情報を事前に得ることができる
  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

 

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

 

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

登録は以下の公式サイトから可能です

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い求人を見てみることをおすすめします!

 

-仕事のお悩み相談

Copyright© エンジニア転職のすすめ 〜仕事がつらい・年収を上げたいあなたへ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.