ホワイト企業とブラック企業

ブラック企業対策のボイスレコーダーの種類や活用方法を紹介します

更新日:

 

エン太
上司にあんなこと言われてやってられるか!なんとか報復してやりたい。
勢いに任せて動いても上手くいかないよ。ボイスレコーダーを活用して戦略的に行動しよう。
ジニ男

 

ボイスレコーダーの有効な活用方法

 

パワハラは認定が難しく、ボイスレコーダーで録音した音声は重要な証拠となります。

ここでは、ボイスレコーダーの有効な活用方法や具体的に活用する場面を紹介します。

 

「パワハラ・理不尽な言葉」を録音

パワハラの場面で、理不尽な言葉を録音して証拠としましょう。

その際、発言内容が「理不尽」である所を録音しましょう。

ただ口調が激しい、怒鳴られるだけだと、言っている内容が正しい場合は「指導の範疇」と捉えられる可能性が高いです。

例えば「死んでしまえ」など人格を否定する言葉、「小学生並み、無能」など名誉毀損の言葉が録音すべき音声として挙げられます。

 

「有給休暇が認められない」を録音

労働基準法39条により、有給休暇の取得は労働者の権利として法律で定められています。

会社側は有給休暇の時期を変更する権利を有しているので、「その日は忙しいので別の日に変更できるか」と労働者に言うことはOKです。

以上より、「そもそも有給休暇を取らせない」「別日に変更する相談をさせてくれない」といったことは法律違反です。

「有給休暇なんてお前が取れると思っているのか!」というような発言を録音できると有効です。

労働基準法第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

 

「自主退職を執拗にせまる」を録音

退職を強要することは違法にあたる可能性があります。

そのため、会社側は体裁を保つために、社員が自ら望んで退職した形となる「自主退職」を促してくることがあります。

しかし、度を超えるような言動は退職の強要にあたります。

「お前の席はない」「もう来なくていい」といった言葉を録音できると、法律上優位に立てる可能性が高いです。

 

ボイスレコーダーの種類を紹介

 

エン太
ボイスレコーダーって買ったことないけど、どんな種類があるんだろう。
おすすめのボイスレコーダーの種類を紹介するね!
ジニ男

 

ペン型

おすすめはペン型のボイスレコーダーです。

見た目は完全にただのボールペンで、普通に筆記用具として使うことができます。

音質はほどほどですが、普通に近距離の会話録音は可能です。

利点は「録音していることがほぼバレない」ということですね。

バレるとトラブルの元ですので、ペン型のボイスレコーダーを推奨します。

 

USB型

続いておすすめするのが、USB型のボイスレコーダーです。

見た目はただのUSB、不意にポケットから落ちてもボイスレコーダーだと思われる可能性は低いでしょう。

ただ、胸ポケットなどに入れて録音しようとすると布ずれの音が入り込むことがあります。

そのため、机の上に置いて使用する形がいいと思いますが、その場合USB型よりペン型の方が自然ですよね。

 

その他の種類

見た目にこだわらなければ、録音した日付を記録できるものや、小さな音まで音質良く録音できるものもあります。

また、現在はスマホにも録音機能があり、わざわざボイスレコーダーを買わなくても会話などを録音することは可能です。

しかし、会議などであからさまなボイスレコーダーを露出しておくと、不快に思う人もいますし、警戒して暴言など言わなくなる可能性があります。

パワハラ現場を録音するためには、ペン型など相手に警戒心を与えないものが良いでしょう。

 

パワハラ事例と報復に成功した事例

 

法的にパワハラが認められ、会社から慰謝料を勝ち取った事例がありますので、以下にご紹介します。

 

【有給休暇の取得妨害が認められた事例】

有給休暇を申請した社員に対し、上司が「リフレッシュ休暇を取る上に、有給休暇まで取るのか。こんなに休んで仕事がまわるなら、会社にとって必要のない人間じゃないのか」といった趣旨の発言をした。

また、有給休暇の取得予定日に上司が担当していた業務を割り振る嫌がらせをした。

その後、会社の代表者が「今後、有給休暇はよく考えてとるように」という発言をするなど、一連の行為が有給休暇の取得権利を侵害と認められ、裁判により会社へ慰謝料の支払いが命じられた。

参考:あかるい職場応援団(厚生労働省、https://no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/judicail-precedent/archives/17)

 

このように、労働者に与えられた「法令で認められている権利」を侵害する発言を証拠として録音できると、裁判で争ったときに勝てる可能性が高まります。

 

報復した上で転職する選択肢もある

 

会社への報復を考えるようになった時点で、その会社へ居続けることは苦痛だと思います。

しかし、いざ報復に動いて会社に居られなくなったあと、行き先がないと無職になってしまいます。

また、転職に失敗すると、今よりブラックな会社に入ってしまう可能性もあります。

ここでは、事前に転職先の会社の情報収集をして、転職の成功率を高める方法を紹介します。

ぜひ、会社への報復や辞める前に、以下の点を確認・行動しましょう。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「ブラックな実情はないか」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

転職エージェントに登録するメリット

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる
  • 「ブラックな実情はないか」など、本当に知りたい情報を事前に得ることができる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェントを紹介

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

 

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

 

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

登録は以下の公式サイトから可能です

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い求人を見てみることをおすすめします!

 

-ホワイト企業とブラック企業

Copyright© エンジニア転職のすすめ 〜仕事がつらい・年収を上げたいあなたへ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.