理系で楽な仕事はある?探し方やメリットを紹介します

 

エン太

ジニ男さん、理系で楽な仕事はあるのでしょうか。理系職は全体的に激務なイメージがあります…
理系職でも、比較的楽な仕事は色々あります!

ジニ男

 

理系職に激務のイメージを持っている人もいるかもしれませんが、理系であれ文系であれ、楽かどうかは「仕事内容次第」「本人の感じ方次第」というところがあります。

楽な仕事に就きたいと思う人は、一度ゆっくり考える時間をとり、まずは自分自身のことを振り返ってみましょう。

 

理系で楽な仕事を探すには、自分にとっての楽を知るべし

 

楽な仕事は人によって異なります。自分にとっての「楽」とは何か考えてみましょう。

ジニ男

 

今の仕事がつらくて楽な仕事を求めている人は、何となくで行動してはいけません。

良い条件の仕事を探す前に、やるべきことがあります。

それは、自分にとっての「楽」の意味をきちんと明確にすることです。

例えば「人との関わりが少ないこと」を楽だと感じる人もいますし、「肉体的な疲労が少ないこと」を楽だと感じる人もいます。

楽な仕事を探す前に、今一度整理してみましょう。

あなたにとって「楽」とは何ですか?

 

理系で精神的に楽な仕事

 

精神的に楽な仕事の傾向・代表的な仕事例を以下の表にまとめました。

あくまでも一例ですが、参考にしてください。

 

精神的に楽な仕事の傾向と例

傾向
人との関わりが少ない 研究員、プログラマーなど
マイペースに仕事ができる フリーランスITエンジニアなど
ルーティンワーク 工場のライン作業、品質管理など

 

注意点として、プログラマーでもクライアントとのやり取りを、SEではなくプログラマーが直接行うような人もいます。

また、クライアントと話すことは少なくても、チーム内で議論をする必要がある場合、それを大変だと感じることも多々あります。

 

詳しくは、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

エンジニアは大変?その理由や仕事の種類、将来性について紹介

 

楽な仕事を探す際には、職種で判断せず仕事の詳細な内容を事前に知ることが重要です。

 

理系で肉体的に楽な仕事

 

肉体的に楽な仕事の傾向・代表的な仕事例を以下の表にまとめました。

こちらもあくまでも一例ですが、参考にしてください。

 

肉体的に楽な仕事の傾向と例

傾向
残業が少ない 空運業界、BtoBメーカーなど
座って仕事ができる 社内SE、データ分析関係など

 

ただ、本当に肉体的に楽かどうかは、職種だけでなく個々の詳細な仕事内容を知る必要があります。

そのため、楽な仕事を探す時には、事前に詳細な情報収集をできるようにしましょう。

今すぐ転職する気はなくても、とりあえず転職エージェントに登録して情報を得られる状態にすることで、選択肢の幅を広げることが可能となります。

 

【理系向けおすすめ転職エージェント】

【一般向けおすすめ転職エージェント】

 

楽な仕事に就くメリット3選

 

エン太

楽な仕事に就くと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
楽な仕事に就くメリットの中から、代表的な3つを紹介します。

ジニ男

 

楽な仕事に就くメリット

  • ワークライフバランスが取りやすい
  • ストレスが少なく健康になりやすい
  • 仕事以外の趣味などに注力できる

 

ワークライフバランスが取りやすい

楽な仕事の条件の1つとして、残業が少ないことが挙げられます。

それにより、早く家に帰れるため、ワークライフバランスが取りやすいというメリットがあります。

プライベートの時間が増えますので、家族との触れ合いや趣味に費やす時間が増えます。

仕事をする上で、家族との関係性は重要です。

家族と過ごす時間が長くなることで家庭内のコミュニケーションが増え、仕事へも良い影響を与えるという好循環が生まれていきます。

 

ストレスが少なく健康になりやすい

パワハラ、セクハラ、モラハラ、アルハラなど、仕事をしていると何かしらのハラスメントに会うことが多いです。

また、満員電車で通勤の方は、毎日押しつぶされながら通勤するのは非常に大きなストレスとなります。

一方、仕事の時間が短かったり、通勤時間を人とずらせたりすると、ストレスを大きく軽減することができます。

ストレスは万病の元です

適度な緊張といったストレスなら良いかもしれませんが、過度なストレスは確実に体へ悪影響を与えています。

 

仕事以外の趣味などに注力できる

仕事が好きで好きでたまらなく、仕事以外の時間は要らないくらいの人は、とても幸せだと思います。

しかし、仕事はお金を稼ぐためにやっており、なるべく楽できるのであればそれに越したことはない、という人も多いのではないでしょうか。

そのような人は、仕事以外の趣味などを生活の中心にできるといいです。

休みの日の趣味を中心に生活し、それに向けて仕事を頑張ることで好循環が生まれます。

週末の休みだけを利用して海外旅行に行く人もいますので、休みを有意義に使う方法は無限にあると思います。

 

心身をすり減らすほど仕事を頑張る必要はない

 

毎日がつらいというそこのあなた! 身を削ってまで、仕事を頑張る必要は無いです。

ジニ男

 

あなたにとって、仕事が人生の全てですか?

仕事が全てという人はぜひ仕事に全力を注ぎましょう。

そうでないという人は、今の仕事に満足していないのであれば、より良い環境を求めて行動すべきです。

一度きりの人生、今の我慢している時間がもったいありません。

 

ここで、一度目をつぶってイメージしてみてください!

現状維持で、毎日通勤電車で辛い思いをし続ける毎日。

もしくは、勇気を出して一歩踏み出し、より良い環境で生き生きと働く毎日。

どっちの自分の方がいいですか?

チャレンジしている自分の方がかっこよくないですか?

 

足踏みしていると、いつの間にか時間は過ぎていきます。

一度きりの人生、より良い環境を求めて動き出すべきです。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「詳細な仕事内容」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

 

【転職エージェントに登録するメリット】

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる

 

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

特徴は以下の通り。

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

 

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

特徴は以下の通り。

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

以下の公式サイトから無料で登録が可能です。

 

転職サイトから始めるのもOK

最もおすすめなのは転職エージェントの活用です。

本気で転職を考えているのであれば、専門家に相談しながら進めていくことが一番の近道であり、成功率も高いでしょう。

ただ、転職エージェントに登録すると「担当者とのやりとりが面倒だったり、電話がかかってきたりするのが嫌だな」と思う人もいるかと思います。

そのような人は、まず転職サイトへの登録から始めるのもいいでしょう。

転職サイトは転職エージェントと異なり担当のアドバイザーがつく訳ではなく、全て自分主体で求人検索などができます。

まずは転職サイトに登録して、興味のある求人案件を検索してみるのもいいですね。

 

私がおすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です。

特徴は以下の通り。

【リクナビNEXTの特徴】

  • 圧倒的に求人数が多く網羅的に検索できるため、リクナビNEXTだけで事足りる
  • グッドポイント診断で自分の強みなど、改めて自己分析ができる

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

転職サイトで気になる求人案件を検索したら、転職エージェントに登録してアドバイザーと具体的に相談してみましょう。

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い会社の求人を見てみることをおすすめします!