転職・キャリアの話

エンジニアは大変?その理由や仕事の種類、将来性について紹介

更新日:

 

エン太
ジニ男さん、エンジニアの仕事は大変なんでしょうか?
エンジニアといっても仕事は多岐にわたるけど、大変と言われることが多い業界かな!
ジニ男

 

エンジニアの仕事は大変なことが多い

 

エンジニアの仕事は多岐にわたります。

そのため、大変かどうかは就く職種や仕事内容によります。

ただ、管理人の友人の例を紹介すると、システムエンジニアの彼は夜中まで残業は当たり前、日が変わる前に帰れることは少なく、寝る時間を削って仕事をしていると言っていました。

エンジニアは「残業が多く、激務で大変」という印象を持たれることが多い職種と言えるかもしれません。

 

エンジニアが大変な5つの理由

 

エンジニアの仕事が大変と言われる5つの理由を紹介します!
ジニ男

 

エンジニアが大変な5つの理由

  • クライアントとの人間関係
  • チーム内の人間関係
  • 納期との戦い
  • 残業が多い
  • 日々勉強が必要

 

クライアントとの人間関係

クライアントが関わる仕事では、クライアントとの人間関係は重要であり、これが上手くいっていないと仕事が進みません。

クライアントの中には、自らの要望が明確でなかったり、途中で要望が変わったりすることもあります。

そのため、プロジェクトの初期からクライアントと情報共有し、後戻りのない仕事ができるよう深いコミュニケーションを取ることが大切でしょう。

 

チーム内の人間関係

クライアントとの関係性と共に、自分のチーム内の人間関係も重要です。

大きいプロジェクトになると1チームで10名以上になることがあり、個々の能力にも差が出てきます。

そのため、チーム内での役割を明確にし、密にコミュニケーションをとってプロジェクトを進めていく必要があります。

エンジニアは理系出身の人が主ですが、文系出身者と比べて苦手分野と言われる「コミュニケーションスキル」といった能力が求められるでしょう。

 

納期との戦い

エンジニアの仕事は納期が決まっているものが多いです。

そのため、常にマイルストーンを意識し、予定より早いのか遅れているのか確認する必要があります。

仕事の量にも波があり、繁忙期にはなかなか休むことができません。

そのような時に体調を崩してしまうと、無理やり出勤して仕事をし、結果的に身体に深刻な影響を及ぼす事態にもなり得ます。

 

残業が多い

前述の納期への意識もあり、残業が多くなってしまうこともしばしばあります。

納期が迫っている時には何とか間に合わせようと、寝る時間を削って働くこともあります。

エンジニアは職種によっても残業時間は大きく異なりますが、残業がなく毎日定時に帰れるといった仕事はなかなか無いでしょう。

エンジニアでも残業が少ない方がいいのであれば、事前によく職業や会社を吟味する必要があります。

 

日々勉強が必要

エンジニアは最新技術の進歩が早く、現状に甘んじていると世の中の動向から取り残されてしまいます。

特にIT系の分野においては、最新情報を勉強していないと話すら通じないことがあり、自主的な勉強が必要です。

勉強が好きな人はいいですが、そうでない人はエンジニアより向いている仕事があるように思います。

 

今の仕事が大変・向いていないと感じる人は、我慢せず転職を検討してみることをおすすめします。

今すぐ転職する気はなくても、とりあえず転職エージェントに登録して情報を得られる状態にすることで、選択肢の幅を広げることが可能となります。

 

【エンジニア向けおすすめ転職エージェント】

 

【一般向けおすすめ転職エージェント】

 

エンジニアの仕事の種類

 

エン太
そもそもエンジニアの仕事ってどのようなものがあるの?
一概にエンジニアと言っても、その仕事の種類は多岐にわたります。
ジニ男

 

エンジニア(engineer)の意味は「機械・電気などの技師、広義では工学者や技術者」となります。

そのため、「エンジニアの仕事をしています!」と言っても、聞いている側とすれば「??」となってしまうかもしれません。

エンジニアの代表的な種類を以下にまとめました。

 

エンジニアの種類

種類 内容
IT系エンジニア システムエンジニアやプログラマーなど、システム構築の仕事を行う。エンジニアというと、IT系エンジニアを指すことが多い。
機械系エンジニア 車などの機械の設計から製造まで行う、ものづくりエンジニア
電気系エンジニア パソコンなど電子機器の開発・製造などを行う
化学系エンジニア 化学メーカーの製品開発などを担当する
環境系エンジニア 環境保全に関わる機器の設計・製造・メンテナンス、環境測定などを行う

 

「エンジニア=IT系エンジニア」というイメージが強いですが、エンジニアは技術者全般を指す用語ですので、その意味は多岐にわたることを認識しておきましょう。

 

エンジニアの年収や将来性

 

エン太
エンジニアって年収はいいのかなぁ。将来性はどうなんだろう?
エンジニアの種類にもよるけど、将来性のある業界と言えるかと思います。
ジニ男

 

前述の通り、エンジニアと言っても種類が多岐にわたるため年収や将来性は一概には語れません。

一例として、「システムエンジニア(SE)」を見てみると、平均年収は約550万円で全国平均より高めです。

参考:平均年収.jp(https://heikinnenshu.jp/it/se.html)

 

また、システムに対する需要は今後も下がる恐れは少なく、将来性のある職業と言えるかと思います。

一方、製造系のエンジニアの将来性は、今後の世の中の環境変化に柔軟に対応できるかどうかで決まってきます。

エンジニア職として長く活躍するには、IT系のエンジニアになる、もしくは取り扱う製品の将来性を吟味して職を選ぶべきでしょう。

 

仕事が大変と感じるなら転職を考えよう

 

エンジニアで仕事が大変、年収を上げたいと思うなら、転職を検討しましょう!
ジニ男

 

一度きりの人生、より良い環境や年収を求めて行動することをおすすめします。

「今の仕事が大変でつらい」という人は、無理をしている時間がもったいないです。

我慢している今も、人生の限られた時間は刻々と消費されています。

 

転職の成功率を高める方法

転職を検討する上で、事前に情報を得る有効な手段があります。

それは、転職エージェントに登録して専門の担当者に情報をもらうことです。

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つで、求職者の持つ様々な悩みを解決するためのサポートをしてくれます。

転職エージェントは仕事がら多くの情報を保有することが売りになりますので、専門の担当者と話すことにより「詳細な仕事内容」など、本当に知りたいことを知ることができる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録するメリットは以下の通り。

転職エージェントに登録するメリット

  • 非公開の求人の情報を得ることができる
  • 面接の調整、給料や入社時期の交渉など、働きながらだと面倒な調整を代わりに進めてもらえる
  • 費用が無料
  • 精神的に不安定となる転職活動の中、何より相談相手の存在が心の支えとなる
  • 詳細な仕事内容など、本当に知りたい情報を事前に得ることができる

とりあえず登録をして、同業他社で条件面の良い会社を調べるとか、他業種で興味のある会社を調べるだけでもあなたにとっては絶対にプラスです。

今すぐ転職する気がなくても、情報を持っている人と持っていない人とでは選べる選択肢が全然違ってきます。選択肢は多い方が良いに決まっています。

登録は数分もあれば終わりますので、ひとまず情報収集できる状態だけは作っておきましょう!

 

おすすめの転職エージェント

ここで、私がおすすめするエンジニア向けの転職エージェント「レバテックキャリア」をご紹介します。

 

【レバテックキャリアの特徴】

  • IT・エンジニアに特化しており、専門性の高い求人が充実している
  • コンサルタントのIT・WEBの知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができる
  • 1人1人に寄り添った求人紹介や経歴書の添削、面接対策など実施し、選考通過率が高い

レバテックキャリアについて、より詳しく知りたい方は以下もご参考にしてください。

 

登録は以下の公式サイトから可能です。

 

 

また、エンジニア以外の方におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

 

【マイナビエージェントの特徴】

  • サポートが丁寧で、キャリアアドバイザーに熱意がある
  • 中小企業など独自案件が多い
  • 面倒見が良く、はじめての転職や若年層におすすめ

登録は以下の公式サイトから可能です

 

まともに転職できる年齢にもリミットがあります。

今すぐ転職する気がなくても、とりあえず登録して条件の良い求人を見てみることをおすすめします!

 

-転職・キャリアの話

Copyright© エンジニア転職のすすめ 〜仕事がつらい・年収を上げたいあなたへ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.